トランザクションレンディングやオンライン融資など新しい融資形態

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの融資借入 金利と審査内容

更新日:

日本国内最大の通販サイトである楽天は、2013年から楽天内でネットショップを持っている法人および個人事業主に事業資金の融資を行っています。

そして、2015年から楽天ネットショップの管理画面であるRMS上から融資の申し込み手続きを行うことができ、最短で翌日の融資にも対応した、楽天スーパービジネスローンエクスプレスを発売しました。

それ以前の楽天スーパービジネスローンには決算書や確定申告書の提出が必要でしたが、エクスプレスになってから、このような書類提出が一切不要となりました。

こくもち
楽天スーパービジネスローンエクスプレスはどのような融資内容 審査基準になるのでしょうか?

楽天スーパービジネスローンエクスプレス商品概要

融資限度額 500万円
金利 8.5%~14.5%
融資期間 最長3年
申込資格 楽天市場での出品店舗

金利は高めですが、後述するように、返済方法や審査方法によっては銀行の事業資金よりもメリットがあると言えます。

 

楽天スーパービジネスローンエキスプレスの特徴

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの特徴は、消費者金融のような融資の速さに加えて、金利は消費者金融よりも低めで、楽天という大手ECサイトから借りるというメリットがあります。

最短翌日融資

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、申し込みから最短で翌日に融資金が振り込まれます。

銀行融資が早くて1週間、Amazonの融資が2回目以降の利用で最短3営業日で融資金が振り込まれてくることを考えれば、楽天スーパービジネスローンエクスプレスの融資期間は非常に早いということができます。

2013年から取り扱いのある楽天スーパービジネスローンは最短3営業日融資ですので、エクスプレスはその名の通り、融資までの時間の速さに特化した新商品ということもできそうです。

返済金はRカードプラスの売上から

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの返済は、楽天市場内の売上から源泉徴収される仕組みとなっています。
このため、返済金を別に用意する必要がありません。

また、楽天も自社での売上から融資金を回収することができるため、取りっぱぐれがありません。

楽天は楽天内での売上からのみ返済金の回収に充てるため、楽天市場内での売上ベースから見て、返済可能と判断できる金額までしか融資を行いません。

このため、お金を借りる店舗も無理のない範囲で借入が可能になるのです。

融資までのスピードが消費者金融並みに早く、消費者金融のように「担保や保証人から回収できればよい」というスタンスでもないため、利用者にもメリットがある貸付であると言えます。

個人事業主も利用可能

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、法人はもちろん、個人事業主も利用することが可能です。

Amazonの事業資金であるAmazonレンディングは法人しか利用できませんので、この点は楽天スーパービジネスローンエクスプレスのメリットということができます。

ネットショップは個人事業主が自宅などで行っていることが多いため、個人店舗でも気軽に利用することができます。

金利が高い

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの金利は8.5%~14.5%とそれなりの高金利です。

500万円14.5%で3年間借りた場合の利息負担額は184万円以上もの負担になってしまいます。

銀行の事業資金の金利が2%~4%程度となっていることから見れば、楽天スーパービジネスローンエクスプレスの金利は高いと言わざるを得ません。

楽天市場内での売上実績が審査材料となるため、楽天スーパービジネスローンエクスプレスは楽天市場内での仕入れ資金を数ヶ月間だけ借りるように利用して、会社全体の運営にかかる長期の運転資金は銀行から借りるというように、使い分けたほうがよいでしょう。

ちなみに、楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、楽天カードが融資を行うノンバンクの事業資金です。

ノンバンクの事業資金の金利は18%か15%という法定上限金利ギリギリに設定されていることが基本となっているため、ノンバンクという目線で見ると、楽天スーパービジネスローンエクスプレスの金利は他のノンバンクよりも低いと見ることもできます。

比較的長期間の融資が可能

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの最長融資期間は3年です。

Amazonレンディングの融資期間が3ヶ月または6ヶ月という短期資金しか対応していないことから見ると、楽天スーパービジネスローンエクスプレスは比較的長期の融資にも対応しています。

利息負担は大きくなりますが、 Amazonなどよりも長期間で借入ができ、毎月の返済負担額を少なくすることができるというメリットもあります。

融資は極度方式

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの融資方式は極度方式です。

最初に「〇〇万円まで借入可能」という枠を作成し、その後は枠の範囲内で繰り返し借入が可能になります。

このため、実際にお金が必要なくても、急な資金繰りに備えて枠だけ作成しておくこともできますし、返済によって枠が空けば、審査を受けることなく繰り返し利用することも可能です。

 

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの審査

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、審査に特徴があるローンです。

日本国内最大のネットショップという特徴を生かした審査を行い、銀行で借入を断られた企業でも、楽天内で売上の実績があれば融資を受けることができる可能性があります。

トランザクションレンディングの審査

楽天スーパービジネスローンエクスプレスはトランザクションレンディングに分類される融資です。

「トランザクション」とは取引、「レンディング」とは融資を意味します。

つまり、決算内容などではなく、楽天での取引実績に応じて審査を行うのです。

同じ楽天市場内での出店店舗向けの融資である楽天スーパービジネスローンは、決算書や確定申告書の提出が必要になるため財務状況も審査基準に入りますが、決算書や確定申告書の提出不要な楽天スーパービジネスローンエクスプレスは楽天市場内での売上実績や楽天市場でのショップや商品に対する評価が審査の基準になります。

つまり、楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、財務内容が悪く、銀行から融資を受けることができない企業でも、楽天市場内での売上が良ければ融資を受けることができる可能性があるローン(レンディング)と言えます。

返済金は楽天市場内での売上から

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの返済金は毎月の楽天市場での売上から源泉徴収されます。

このため、楽天市場での毎月の平均的な売上を超える返済額となるような金額の融資を受けることはできません。

毎月の楽天市場内での売上が300,000円である店舗が1年ローンを組むのであれば、300,000円×12ヶ月=3,600,000円しか返済に耐えられないことになります。

ここから原価率を考えれば、楽天市場内で販売するための必要な原価が計算できるため、原価率50%であれば必要な運転資金は3,600,000円×50%=融資限度額1,800,000円というように、実際の販売データから本当に必要な融資額を算出することができます。

このように、楽天市場内での売上データをもとに審査を行うため、返済不能とならない金額を無理なく融資を行うのが楽天スーパービジネスローンエクスプレスの審査の特徴です。

RMS上で契約可能

楽天スーパービジネスローンは楽天市場内に出店している店舗であれば誰でも申し込むことが可能ですが、エクスプレスは出店していても誰でも申し込める訳ではありません。

楽天市場出店店舗の管理画面である、RSM上で融資条件が表示されている店舗に限ります。

実際に、楽天市場に出店している店舗の約半分が出店から1年で撤退していると言われているほど、楽天市場での競争は熾烈です。

そのため、ある程度楽天市場で実績があり、楽天市場での売上や評価が良好な店舗しかエクスプレスには申し込むことすらできないようになっています。

通常審査というものは、申し込んだ後から始まるものですが、楽天スーパービジネスローンエキスプレスに関しては、日々の営業活動のデータから、システムがエクスプレスの融資に見合った店舗かどうかを自動的に判定して、RSM上で融資の提案を行うというスキームになっています。

融資の提案があった企業は、楽天が売上や実績をある程度評価している証拠を考えることができるのではないでしょうか。

また、RSM上から申し込みと契約手続きを行うことができ、来店も面談も不要ですので、融資申込と契約にかかる手間を省くことができるというメリットもあります。

楽天市場に出店すると、広告の営業がかなり頻繁にかかってきます。

そのような際も広告費を融資と一緒に検討するということもでき、すべて楽天のRSM上で行うことができるというのも、巨大ECサイトの楽天のメリットです。

最短翌日融資

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、融資申し込みの前から審査が行われていると言えるため、審査にかかる時間がとても短いのが特徴です。
そのため、融資までの時間が最短翌日なのです。

急な資金繰りにも重宝しますし、普段から楽天市場内で実績をよくしておけば、いざというときにはすぐにお金を借りることができるという、経営上の強みにもなります。

融資までの時間が早いと言えば、消費者金融ですが、消費者金融の審査は回収できるかどうかしか考えていないことが一般的ですので、売上がない企業でも担保や保証人によっては融資が出てしまいます。

しかし、楽天スーパービジネスローンエキスプレスは、日々の楽天市場内での売上実績や顧客の評価といった、その店舗の営業実績や顧客の声を聞きながらも素早い融資を実行することができるのです。

これも、トランザクションレンディングである楽天スーパービジネスローンエクスプレスの大きなメリットの1つです。

 

まとめ

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは
「最短翌日融資」
「RMS上で申し込みと契約可能」
という2つのメリットがあります。

しかし
「金利が高い」
「楽天市場に出店していても一部の店舗しか利用できない」
というデメリットもあります。

特に返済期間が長期化すると利息負担はかなり膨大になりますので、楽天市場内での売上原価への借入や売上拡大のための広告費など、用途をしっかりと決め、できる限り短期間で返済できるような形で利用しましょう。

また、融資まで短期間で借りることができるため、短期間のつなぎ資金などにも活用に幅がありそうです。



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  

「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」
特集ページへ

-トランザクションレンディングやオンライン融資など新しい融資形態

Copyright© 事業資金 融資借入 資金繰りラウンジ , 2018 All Rights Reserved.