事業資金 即日融資<急ぎの資金繰り>銀行融資とノンバンク借入で当日振込

資金繰ラウンジ編集長
ノンバンクでよければ下記3社で即日融資が可能です
 

ビジネクスト

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

 

ビジネクスト >> 続きを読む

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

 

オリックスVIPローンカード BUSINESS >> 続きを読む

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも申込が可能

資金調達プロ >> 続きを読む

 

 

月末などに急にお金が足りないような場合には、緊急の資金繰りが必要になります。

基本的には銀行からの融資借入には時間がかかるものですが、急ぎの資金繰りに対応している融資もありますし、ノンバンクであれば事業資金でも即日融資に対応していることもあります。

急ぎの資金繰りにはどのような調達方法があるでしょうか?

資金繰ラウンジ編集長
緊急な資金繰りの借入方法などについて、銀行員さんに聞いたこと含めて解説します。

このページは緊急・急ぎの資金繰り方法を求めてアクセスしてくる方が多いので、
急ぎの融資に積極的なノンバンクをすぐに知りたい方は↓↓↓
特集記事「緊急・急ぎで即日融資可能なノンバンク借入3選+ファクタリング」に、
↑ここをクリックして
進んでください。

 

銀行の極度枠設定 当座貸越 口座貸越は即日融資も可能

極度枠とは、銀行に「〇〇万円までならお金を借りることができる」という枠を作ることです。

極度枠には短期借入金である、手形貸付や、割引手形限定の枠、比較的長期借入金に近い当座貸越の枠などを作成することができます。

手形関連の縛りがない自由な融資枠としては当座貸越が一般的です。

当座貸越 口座貸越

当座貸越とは事前に○○万円まで借入可能という枠を作成しておくことで、その後は枠の範囲内で自由にお金を借りることができるというものです。

特徴は以下のようになっています。

  • 審査は枠を作成する際に行われる
  • 枠の作成後は実質的な審査なしで枠の範囲内で即日融資を受けることができる
  • 1年~3年程度で枠の期限が切れる(審査によっては更新可能)
  • 返済は利息だけ
  • 元金は原則期日に一括返済
  • 枠を作成する審査に時間がかかる

当座貸越枠を事前に作成しておけば、いつでも融資を受けることができるため当座貸越は急いでいる際には有効な方法です。

しかし、枠を作成するための審査自体に時間がかかるため、当座貸越枠をもっていない人は、この方法で緊急の資金繰りに対応することはできません。

昔は当座預金が対象だったので「当座貸越」と名付けられたのですが、現在は普通預金でも貸越契約(枠の設定)ができるので「口座貸越」とも呼ばれるようになっています。

審査に時間がかからない制度資金

地方自治体の制度資金は、保証協会、銀行、地方自治体の3者の審査が必要になります。

そのため、一般的には審査に3週間ぐらいの時間がかかるといわれています。

しかし実は、地方自治体によっては審査に時間がかからず、必要書類が少ない制度資金もあります。

このような制度資金の場合には審査と融資実行のスピードが早いので狙い目です。

審査に時間のかからない 融資スピードが早い制度融資 制度資金の詳細を解説したページ

元銀行マン 敏腕さん
以前私が取り扱った制度資金では、信用保証協会の審査に1日、地方自体の審査に1日、銀行の審査に1日程度の時間だけしか要しなかったため、最短4日程度で制度資金の融資実行まで進められたことがあります。

地方自治体によってはこのような資金が用意されていることがあるため、詳しくは銀行へ「最も早い制度資金は?」と確認してみるのがよいでしょう。

預金担保貸付(総合口座貸付)

会社名義ではお金がなくても、代表者や代表者の配偶者、その他の役員などの会社の経営関係者名義で銀行に預金がある場合があります。

そのお金を担保として融資を受ければ比較的早く資金調達を行うことができます。

担保預金は個人名、借主は会社名とすることが基本的な方法ですが、この場合には稟議が必要になるため融資まで数日程度の時間がかかってしまいます。

どうしても急ぎでお金を借りたい場合には、個人名義で総合口座貸付を行う方法であれば確実に即日で資金調達を行うことができます。

総合口座とは、通帳の表が普通預金、裏が定期預金になっている通帳で、裏の定期預金残高の9割までは普通預金からお金を借りることができる(普通預金の残高をマイナスにすることができる)方法です。

金利も預金金利プラス0.2%というのが相場ですので、他の借入よりも圧倒的に安価に資金調達することができます。

いざというときのために、当座貸越枠を作成しておくのもよいですが、いざというときのために銀行に定期預金を積み立てておくことも緊急の資金調達手段としては有効です。

業績が良い会社の融資には融通は効く?

資金繰ラウンジ編集長
業績は悪くなくプロパーで融資を受けているような会社で、ある程度、担当行員さんと人間関係も構築できているような社長から「ちょっと緊急で資金を融資して欲しい」というような事になった際、プロパーで急ぎで融資を出すというようなことはありますか?
元銀行マン 敏腕さん
基本的には以下のような手順で確認します。

①その企業がいくらまで支店長決済で融資可能か確認

②プロパー融資で支店長決済ができるか確認
(基本的に担保余力の範囲内か信用保証協会付で一定の融資金額の範囲内(私の勤務していた銀行では1,000万円未満まで)の正常先以上の会社であれば支店長決済で融資可能でした)

③プロパーでは本部決済となってしまう場合→緊急の資金繰りではプロパーでは本部決済となるため間に合わないと伝える

④信用保証協会付きの融資の場合には、支店長決済となる場合が多く、たとえ本部決済であっても、フル保全であるためプロパーよりは決済が早くなる。

このため、急ぎの場合で支店長決済でプロパー融資ができない場合には信用保証協会の保証付融資を進めていました。

本部決済ではなおさらですが、支店長決済でもプロパーの場合にはリスクはすべて銀行で被るため、稟議がとても面倒です。

このため、現場の銀行員としてはできれば保証協会付融資で実行したいというのが本音です。

元銀行マン 敏腕さん
私は、急ぎの場合には先ほどご紹介した審査に時間のかからない県の制度資金を必ず使用していました。

ただ、昔からの取引先で、本部の審査部のお偉いさんも知っているような企業や、役員が定期的に訪問しているような企業であれば、プロパーの本部決済でも、本部の審査担当者が「この融資先ならいい」と言って、すぐに審査に通してくれることもあります。

 

ノンバンクビジネスローン 事業者ローン

ノンバンクの事業性融資や消費者金融のビジネスローンも事業の資金繰りの手段のひとつです。

審査が銀行よりもシンプルであるため、融資までに時間のかからないことが特徴です。

申し込みから融資までに最短で3営業日程度というのが平均的な速さですし、一部のビジネスローンでは即日融資に対応している商品も存在します。

また、個人事業主や法人経営者個人の専用ローンも存在します。

そのようなローンでは、社長名義の借入金を会社へ貸し付ける形となるため、会社の決算書には「代表者借入金」としか記載されません。

ノンバンクからの借入があることが銀行に発覚すると、銀行はその会社の格付けを引き下げるようなこともありますが、代表者借入金であれば銀行にノンバンクから資金調達したということがわからないという点もメリットの1つです。

しかし、ノンバンクのビジネスローンは金利が高く、ほとんどのビジネスローンでは法定金利ギリギリの15~18%へ金利が設定されており、利息負担の重さが最大のデメリットです。

元銀行マン 敏腕さん
ちなみに銀行にもビジネスローン・事業者ローンはあります。

これらはプロパーの銀行融資や保証協会の保証付き銀行融資とは異なりパッケージ化された融資サービスですので、条件に合致するか否かのみが審査内容になります。

そういった意味では格付けが関わる審査よりシンプルな審査になるのですが、必ずしも審査 融資スピードが早いわけではないことを覚えておきましょう。

 

 

至急!即日か翌日融資可能な事業ローンと資金繰り方法3選

ビジネクスト

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

\ 最短即日融資 来店不要 /

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て 銀行 ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

\ 最短即日融資 来店不要 /

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・ 個人事業主でも申込可能

\ 最短即日で資金繰り可能 /

  

 

急いでいるときこそ悪徳業者に注意

「お金が必要」という情報は闇金や反社会勢力がからむ悪徳業者にとって格好のターゲットです。

いくら緊急な資金繰りで急ぎの融資を受けたいと思っても、このような悪徳業者へつかまってしまうことだけには注意してください。

悪徳業者の手口としては以下のようなものがあります。

  1. 少額の融資に対して不動産担保を設定→返済不能となった先に不動産取得をねらっている
  2. 法定外の金利を設定→利払いだけしか不可能なので、元金が減らない。以後延々と利息を支払う義務が発生
  3. 連帯保証人を要求→最初から連帯保証人の資産を狙っている

このような業者から少額でも借りてしまい、結果として大切な資産を取られてしまったり、法外な利払いに堪え切れずに倒産してしまうケースも珍しくありません。

悪徳業者に騙されないために、まずは取引を検討している業者が金融庁登録の貸金業者か否かの確認を怠らないようにしましょう。

金融庁登録の貸金業者から否は金融庁のホームページにある「登録貸金業者検索サービス」で簡単に検索することができます。

ここで調べても該当がない場合には闇金の可能性が高いため、いくら緊急の資金繰りでもこのような業者から絶対にお金を借りないようにしてください。

また登録貸金業者でも、少額融資に対して担保設定し、不動産の取得を狙うことなどはよくある手口です。合法ですが借りてにとっては得策ではありません。

名前を聞いたことがない業者と取引する際には、金融庁のホームページで検索すると同時にインターネットで検索をして、口コミなどを調べてみることも重要です。

急いでいるからこそ、ひと呼吸を置いて、その業者について調べてみることが大切です。

 

緊急 急ぎの資金繰り方法!即日借入まとめ

個人名義の預金が銀行にある場合にはその預金を担保にしてすぐにお金を借りることができますが、預金がない場合や当座貸越契約をしていない場合には、よほど時間のかからない制度資金がない場合には数日内で銀行融資を受ける方法はありません。

このような際にはノンバンクの事業性融資やビジネスローンの活用ができますが、金利が高いという点と、銀行からの信用が下落するという点が難点です。

ノンバンクは緊急時の資金繰りだけに活用し、その後お金が入った際には完済するというように、つなぎのためだけに利用するようにしてください。

そのほか、融資ではなく、売上債権を売却するファクタリングという方法もあります。

急いでいるからと言って闇金や暴力団などの「すぐに融資する」という甘い言葉には絶対に引っかからないようにして、悪徳業者には十分に注意しましょう。

銀行融資とノンバンク融資<急ぎ至急>事業ローンの審査スピード比較!融資実行が早いのは? ※

事業を営む上でほとんどの人が銀行と取引がありますよね。
ただ銀行融資は実行までに時間がかかることが多いので、急ぎ・至急で事業資金が必要な場合は間に合わないことも。

融資実行の早さが必要な際にはノンバンクの事業ローンを検討することもあるかと思います。

資金繰ラウンジ編集長
銀行融資とノンバンクの事業ローンを比較。審査基準から融資までの時間など銀行員さんに聞いて書きました。

このページは至急・急ぎの事業ローンを求めてアクセスして来る方が多いので、
至急融資が可能なノンバンクをすぐに知りたい方は
特集記事「急ぎ・至急の融資可能なノンバンク借入3選+1」に、
ここをクリックして進んで
ください。

 

銀行融資とノンバンクの事業者ローンの比較点

まずノンバンクの事業者ローンの特徴と銀行融資との違いを列挙します。

審査基準

銀行の審査基準は返済可能かどうかと合わせて、将来の会社の見通しも重要視されます。
3期連続で営業赤字であり、債務超過に陥っている会社はいくら短期的な資金繰りで返済可能であると判断できたとしても、業況が上向く材料が見つからない限りは融資が出ないことがあります。
一方、ノンバンクの審査基準は返済可能かどうかだけです。
その資金が会社へ注入されることによって会社の業況が将来どうなるかはあまり考慮されませんので、提出に必要な書類も少なくてすみますし、審査にかかる時間も短くなります。
また、審査の通過率も圧倒的にノンバンクの方が高くなります。

審査内容

銀行審査の内容は、決算書や確定申告書に加えて様々な資料の提出が要求されます。
資金繰り表、売上や仕入れの実績、工事の受注明細などです。
また、銀行員とのヒアリングも非常に重要で、経営者としての資質なども審査の材料になります。
一方、ノンバンクの審査で参考にされる情報は決算書や確定申告書のみと言っても過言ではありません。
ノンバンクの審査ではお金を返済できるかどうかを判断する過去の実績のみが重視され、将来性やビジョンや経営者の資質などはほとんど考慮されません。

融資スピード

銀行審査では、新規で銀行から融資を受ける場合には2~3週間程度の時間を要します。
決算書などから判断される企業審査に加えて、将来性も判断されます。
審査そのものの内容が多岐にわたることに加えて、信用保証協会付の審査、銀行支店の審査、銀行本部の審査と審査の段階が何段階にも分かれているため、融資までには時間がかかります。
一方、ノンバンクの審査は決算書類を対象として審査だけですし、銀行のように何段階にも審査が分かれているわけではありません。
最短即日や翌日融資というノンバンクも少なくありません。
そもそもノンバンクには銀行から融資を断られた事業者が融資を申込んでくることが大多数です。
そのような時にはお金の入用も急ぎである場合がほとんどです。
このため、銀行とくらべて審査が簡単でスピードが速いという点がノンバンクの売りでもあります。

金利

前述したように、ノンバンクの金利は消費者金融の個人向けカードローンとほとんど変わりません。
一方、銀行にとって事業融資は単に収益性という観点を超えて非常に公益性の高いものとなっています。
銀行は取引先の企業が成長することによって、地域経済の発展や、雇用の確保や、従業員との取引拡大という指名を負っているためです。
そのため、銀行の事業融資の金利は1%~3%程度の低金利であることが一般的です。

担保

前述したように、運転資金の融資であれば銀行は担保を要求しないケースがほとんどです。
一方、ノンバンクの場合には担保を要求されるケースもありますし、これが悪徳業者の場合にはほとんどと言っていいほど担保を要求されます。

銀行融資のメリット

銀行融資のメリットはやはり金利が低い融資を受けることができるという点にあります。
また、銀行は事業資金を融資している企業はお客様であると同時に地域の発展のためのパートナーとして扱うため、融資残高があるうちはいつでも経営の相談に乗ってくれますし、経営に有用な情報を無償で提供してくれます。

銀行融資のデメリット

銀行融資のデメリットは提出書類の多さ、融資までにかかる時間です。
先ほどから説明しているように、銀行は単に決算書類だけ見て審査を判断しているわけではありません。
そのため、様々な書類の提出が要求されますし、審査の段階も何段階もあるため、審査には時間もかかります。

ノンバンクのメリット

ノンバンクのメリットは審査の基準が銀行よりも甘いため、銀行から借りることができなくなった事業者でも融資は可能であるという点と、融資までのスピ―ドが早いという点にあります。
また、書類の提出や面倒な手続きも銀行融資は不要であるという点もメリットの1つです。
どうしても資金繰りに困った時や、とにかく急いで資金が必要というような時にノンバンクの融資は強い味方です。
また、ほとんどの銀行融資の場合には納税証明書の提出が必須です。
しかし、ノンバンクの借入れには納税証明書の提出が必ずしも要求されないため、税金の滞納によって銀行から融資を受けることができない企業もノンバンクからであれば融資をうけることができる可能性があるという点もメリットです。

ノンバンクのデメリット

ノンバンクのデメリットはやはり金利が高いという点にあります。
また、銀行よりも無責任であるという点です。
ノンバンクの融資は完全に収益目的であるため、一度融資をしたらその後の業況がどうなろうと、返済さえしてくれればOKという観点です。
資金繰りや経営などの相談には乗ってくれません。
銀行とノンバンクのメリットとデメリットは非常に対照的で、双方のデメリットが双方のメリットとなっています。
違いをよく理解して、利用しましょう。

 

ノンバンクからの借入れは銀行審査でマイナスになる?

個人のローンでは消費者金融などのノンバンクからの借入れがあるとそれだけで銀行審査にはマイナスとなります。
では、事業融資ではどのような扱いとなるのでしょうか?

マイナスになるが保証協会の枠が残っていれば大きな問題はない

決算書には借入金の明細が表示されます。
この際、ノンバンクからの借入れがあると銀行は「この借入は何?」と疑問には思いますが、この借入金の返済が正常に履行できており、新規に銀行から借り入れても特に返済に問題がなく、融資に妥当性があれば融資を行います。
ノンバンクの借入れは銀行が利用する信用保証協会の保証枠とは別枠ですので、財務上問題のある借入れでない限りはノンバンクからの借入れがあるというだけでは問題にはなりません。

不動産登記簿謄本が実は重要

銀行は新規で融資を行う事業者や代表者の不動産の登記簿謄本をチェックすることがあります。
これは、前述したように、おかしな企業からお金を借りて担保を設定されていないかというチェックを行うためです。
会社の決算内容に問題がなくても、何らかの理由でノンバンクからお金を借りて抵当権が設定されていた場合には当該借入金について銀行は徹底的に調べます。
この際、融資金が返済不能になっていると判断した場合には融資を行わないこともあります。
筆者が銀行員時代、同じように登記簿謄本を取得したところ、財務上は全く問題がないのに、税金の未払いによって、不動産差押の仮処分が登記されている会社がありました。登記簿謄本をとって、ノンバンクからの抵当権などの怪しい登記がある場合には融資を行わない場合もあります。

 

至急!即日か翌日融資可能な事業ローンと資金繰り方法3選

ビジネクスト

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

\ 最短即日融資 来店不要 /

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て 銀行 ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

\ 最短即日融資 来店不要 /

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・ 個人事業主でも申込可能

\ 最短即日で資金繰り可能 /

  

銀行の事業者ローン、ビジネスローンとは

銀行のホームページには事業者ローンやビジネスローンという紹介が乗っていますが、これはどのような意味あいのローンなのでしょうか?

ホームページなどに記載がある商品は基本的にパッケージ商品

銀行のホームページなどに記載がある事業者ローンやビジネスローンはすべてパッケージ商品で、誰が借りても同じ条件の融資であると考えてください。
パッケージ商品とは①保証会社の有無②融資期間③金利(会社の業況によって金利区分がが分けられている場合もある)④融資限度額⑤資金使途
などがあらかじめ決められている商品ということです。
ホームページに記載されているということは不特定多数の人に告知しているということであり、皆に平等に同じ条件が適用される商品です。
銀行と初めて取引を行う場合にはほとんどこのパッケージ商品しか借りることができないと考えてください。

保証付き融資が基本

ホームページに広告していて不特定多数の人向けの商品であるということは、申し込んでくる人が海のものとも山のものとも分かりません。
そのような不特定多数の人向けに「無保証で、いくらまで融資します」ということを銀行は言えませんし。銀行にとってもリスクが高すぎます。
そのため、銀行のパッケージ商品のほとんどは信用保証協会か民間の保証会社の保証がついていることが基本です。
銀行のホームページに載っている商品の商品概要をよく見てみると「保証会社(協会)の保証が付くこと」が融資の条件としてしっかりと記載されています。

銀行のプロパー融資とは別

プロパー融資とは銀行が無保証で融資を行う融資です。
保証料がかからないというメリットが利用者にはありますが、銀行にとってはリスクの大きい貸出です。
そのため、プロパー融資は銀行とある程度の取引実績があり、よほど信用力のある事業者に対してしか行いません。
不特定多数向けのパッケージ商品とは明確に異なります。
また、プロパーでなくても、銀行との相談の上、金利や期間や金額を決めて、通常の保証で保証協会に融資を行うという融資も銀行にはありますが、この方法もパッケージ商品ではないためホームページへの記載がありません。
こちらの方法もパッケージ商品では対応できない条件によって融資受ける必要があるからこそ行うものですので、個別に銀行員と相談して条件を設定することになります。

この辺を銀行員が徹底的に解説したページがこちら↓
銀行の保証協会付き融資と銀行プロパー融資の違い/審査が厳しいのは?

銀行融資の特徴や審査・融資の流れは、別途、特集ページで↓
銀行融資で事業性資金や創業資金を初めて借りる!条件 流れ 金利相場

 

ノンバンクの事業ローンの特徴

ここではノンバンクの事業ローンの特徴を最後にまとめておきます。
主な特徴は以下の6点です。

銀行で融資が出ない企業でも柔軟に対応

ノンバンクの審査は銀行のように厳格ではありません。
銀行は事業融資に関しては、当該融資金が返済可能であるかどうかだけではなく、融資によってその企業の将来性があるかどうか、今後も事業活動の中で雇用や投資といった行為によって地域に貢献していけるように企業を導くという大義があります。
個人向けのカードローンのように単に収益目的の融資ではありません。
そのため、救っても将来性が見えない企業には融資を行わないこともあります。
ノンバンクの融資目的は完全に収益目的です。
そのため、長期間赤字が続いており、今後売上の回復が見込めないような企業であっても、返済可能であるとさえ判断できれば融資に応じてくれる場合もあります。
銀行審査に関しては、今後の会社の見通しなどを証明する書類などの様々な書類の提出が要求されます。それに伴い審査にもだいぶ時間がかかりますが、ノンバンクの審査の観点は返済可能か否かだけですので、銀行審査よりもかなりハードルが低く、時間もかからないと言えるでしょう。

信用保証協会や政策金融公庫からの融資とは別枠

銀行や信用金庫などの融資には信用保証協会の保証を付けるのが一般的です。
信用保証協会には当該企業に対する保証限度額というものが定まられており、いかに取引する金融機関を変えようとも、限度額以上の信用保証協会付の融資を受けることはできません。
また、政策金融公庫にも当該企業に対する融資限度額というものが決められています。
ノンバンクの融資は信用保証協会や政策金融公庫の融資とは別枠ですので、銀行や公庫から借りることができなくなった人でも融資を受けることができる可能性があります。
ノンバンクは最後の駆け込み寺的な役割を果たしているという側面もあります。

融資までのスピードが速い

ノンバンクの審査は銀行と比べて圧倒的に融資までのスピードが速いというメリットがあります。
前述したように、ノンバンクの審査は返済可能かどうかです。
会社の将来性や可能性などはそれほど審査の際に考慮に入れません。
そのため、審査にかかるスピードは圧倒的に早く、最短で申込日翌日には融資というケースもあるようです。
月末付近になって明日までにどうしても資金が足りないというような場合にもノンバンクの融資は強い味方です。

金利が高い

ノンバンクの事業融資は、銀行融資のように社会的な貢献という側面はありません。
個人向けカードローンと同じく完全に収益目的です。
そのため金利が高いという特徴があります。
最も人気があるノンバンクであるビジネクストの金利は100万円未満13~18%、100万円以上8~15%となっており、系列会社のアイフルの個人向けカードローンとそれほど変わらない金利となっています。
融資までのスピードが速い、銀行より審査が甘い、金利が高いという3点から鑑みると消費者金融カードローンの事業版であると考えた方がよいかもしれません。

担保を要求されることも

ノンバンクの中には担保を要求されることもあります。
銀行や公庫では設備資金でもない限り基本的に担保は要求されません。
ノンバンクも原則担保不要と謳っている業者がほとんどですが、実際には担保を要求されるケースも少なくないようです。

悪徳業者に注意

ノンバンクの中には悪徳業者もいるので要注意です。
銀行からお金を借りることができなくなった会社をターゲットにして少額のお金を貸付ます。
悪徳業者は返済されるかどうかすら考慮に入れていません。
そのような業者はほぼ必ず担保を要求します。
返済不能となった時に抵当権を行使して不動産を取得します。
目的は最初から担保となった不動産であるため、返済されるかどうかはそれほど重視していません。
筆者が銀行員時代には、倒産した会社の不動産の登記を見ると、3番抵当あたりに○○商事などという謎の業者の抵当権がついていることがありました。
倒産前の会社が資金繰りに困窮して、悪徳業者から金を借りたのだなと一目で分かる事例の1つです。

更新日:

Copyright© 【資金繰りラウンジ】事業ローンと銀行融資で事業資金の借入 , 2018 All Rights Reserved.