ノンバンクの事業者ローン資金繰り

エスワイシーの事業資金ビジネスローンの審査と金利

更新日:

エスワイシーは法人専用のノンバンクビジネスローン

エスワイシーという名前を聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?

個人向けの会社ではないので、耳にする機会は少ないですが、エスワイシーは資本金5,000万円、年間申込実績9,500件以上という事業資金向けノンバンクの中でも中規模の会社で融資実績も多数ある会社です。

エスワイシーには他社にはない特徴がいくつかありますが、代表的な特徴は以下の5つです。

法人限定

エスワイシーは法人限定に融資を行っているノンバンクです。ノンバンクで多いのが個人事業主限定もしくは法人代表者限定というローンがありますが、エスワイシーはその逆で法人限定となります。

ノンバンクから融資を受けにくかった法人でもノンバンク独特の審査基準やスピードで融資を受けることが可能です。

年商5,000万円以上

エスワイシーは大型融資に特化したビジネスローンです。どの会社でも申し込むことができるわけではなく、年商が5,000万円以上ないと申し込むことはできません。

ノンバンクの融資は小規模法人や個人事業主を顧客ターゲットとしている場合が多いのですが、この点も他とは逆で、エスワイシーは大規模法人を顧客ターゲットとしているノンバンクです。

大きな会社の急な資金繰りに活用することができるローンです。

融資金額300万円~1億円まで

エスワイシーの融資金限度額は高額となっています。最低融資金額は300万円、融資限度額はなんと1億円です。

しかもここまでは原則的に無担保無保証で対応しています。ノンバンクの多くが融資限度額は500万円程度でそれ以上の金額は担保ありで対応していますので、エスワイシーの融資がいかに毎月多くの資金を必要とする大規模法人向けの商品設計になっているかということがよくわかります。

金利

エスワイシーのビジネスローンの金利は7.5~15.0%となっています。おそらく、数百万絵単位の融資の場合には最高金利の15%が適用される場合がほとんどです。

利息制限法の法定上限金利は100万円以上の貸付で15%となっています。金利面ではエスワイシーは他のノンバンクの金利と変わらない法定上限金利ぎりぎりの設定となっているといえるでしょう。

最長36か月払い

エスワイシーの融資期間は最長36か月の分割か一括払いかのどちらかです。他のノンバンクの融資期間は5年程度までとなっているのが一般的ですので、エスワイシーの融資期間は他よりも短いといえます。

例えば1億円を金利7.5%、期間36か月で借りた場合の元金均等での初回返済額は約270万円に利息が62万円程度となります。年間で4,000万円程度の返済金が必要になりますので、かなり多額の年商がない限りは高額を借りるのが難しくなります。

一括返済か短めの分割返済に対応しているのは、取引先の入金約束が遅れて、つなぎ資金が必要などといったようなスポットでの短期の入用に活用できるローンであるといえるでしょう。

 

エスワイシーの融資に必要な書類

エスワイシーの申込に必要な書類は以下の2つだけです。
①代表者の本人確認
②決算書

申込時に必要な書類ということはどの情報を審査の材料とするかです。

銀行であれば、仕入れ先や売り上げ先の明細、資金繰り表、銀行員との面談など様々な書類とプロセスが審査に必要になり、審査には時間がかかりますが、エスワイシーは決算書の内容を確認してリスクを判定するだけですので、審査のプロセスが非常に簡素であるという特徴があります。

 

エスワイシーは最短翌日回答、2日後融資

エスワイシーの審査のプロセスは以下のようになっています。
・電話、メール、FAXで簡単申込

エスワイシーは電話、メール、FAXのいずれかの方法で申し込むことができます。銀行への融資の申込は基本的に面談ですので、忙しい社長さんも非対面で面談できるのはとても便利です。

審査回答は電話で

審査の結果は電話で回答されます。ここまで最短で申込日の翌営業日には電話があります。その後、契約に必要な書類のやりとりが終了次第融資実行となります。
ここまで最短で申込後から2営業日で融資となります。

銀行で事業資金の融資を受けようと思ったら短くても1週間、長い場合には1か月程度の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

月末に取引先の事情などによって急に資金繰りがずれて、月末の支払いに間に合わないといったようなときには銀行の長い審査時間を悠長にまっている時間はありません。

エスワイシーの審査は法人の事業資金という銀行であれば審査に時間のかかる案件をスピーディーに行ってくれますので、急いでお金が必要な経営者にとって最適の商品です。

 

エスワイシーの審査

エスワイシーの審査はおおよそ以下の基準で審査を行います。

事業計画

会社経営がうまくいっていない場合には事業計画についても審査を行います。今は赤字でも事業計画に合理性があり、回収可能であると判断できれば融資に応じてくれる可能性もあります。

キャッシュフロー

赤字か黒字かだけでは返済可能かどうかの判断はできません。重要な点はキャッシュフローつまりお金の流れです。たとえ赤字でも、キャッシュフローに返済できるだけの資金があれば融資を受けられる可能性があります。

売掛金

売掛金がどの程度あるかもエスワイシーの審査基準の1つです。売掛金は債権ですので、もしも倒産した場合には。エスワイシーがその債権を押さえることができます。

手形割引などの事業も行っているエスワイシーですので、もしも倒産した際に、どの程度の回収が見込めるか。つまり売掛金などの売掛債権がどの程度あるかも重要な審査の判断材料となるようです。

エスワイシーのようなノンバンクは銀行の審査の価値観と全く逆であるといえます。銀行の融資は融資金によって、企業が成長できるか、また建て直せるかということが重要な審査の基準となります。

一方、エスワイシーの審査の基準は倒産したときに、どの程度のリスクをカバーできるかという点も重要な審査材料になります。

ノンバンクに申込に来る企業の多くはすでに銀行からの融資を受けられなくなっている場合が多いためです。

 

エスワイシーは担保保証人不要

高額融資に対応したエスワイシーですが、高額融資でありながら担保や保証人が不要であるという点も大きな特徴です。

通常、高額融資は不良債権化したときのリスクが大きいため多くのノンバンクでは担保を取りますが、エスワイシー原則担保や保証人は不要です。

このため。エスワイシーはハイリスクハイリターンで多くの収益を出している数少ないノンバンクであるともいえるでしょう。

 

エスワイシーは銀行からの融資を受けられなくても強い味方

エスワイシーは銀行から以下の理由で融資を受けられない企業でも融資を受けることができる可能性があります。

税金の滞納があっても融資対象

銀行から事業資金の融資を受ける際の審査には納税証明者が必要になることがほとんどです。税金の滞納があると納税証明書が発行されないため、税金の滞納があるときには銀行から融資を受けることができる可能性が著しく低くなります。

エスワイシーの審査には納税証明書は必要ないため、税金の滞納があるからと言って融資をあきらめていた会社でも融資を受けることができる可能性があります。

赤字決算でも融資対象

エスワイシーの審査は銀行審査とは異なります。銀行審査は融資を行ったことによって業績が向上したり、会社がたてなおるとの見込みがあるからこそ融資を行うので、具体的には3期連続で営業赤字のようなたてなおる見込みのない業者への融資は行いません。

エスワイシーは銀行審査では会社がたてなおるのが難しいと判断されるような企業であっても、回収可能であると判断されれば融資を受けられる可能性があります。

条件変更中でも融資対象

銀行融資では、返済期間や元金返済の据え置きなどの、借入条件を変更した企業への融資は基本的に条件変更から1年以上は経過しないと融資を行いませんし、条件変更から1年以上経過していても、銀行の格付けが下落しますので、融資を受けるのは難しくなります。

エスワイシーの審査は銀行融資とは全くの別枠で行いますので、銀行での条件変更中でも、返済に懸念がないと判断できれば融資に応じてくれる可能性があります。

このように、エスワイシーでは様々な事情によって銀行から融資を受けられなくなった企業でも融資を受けられる可能性があります。

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資
    (申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い
申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要
【法人】代表者の連帯保証が必要

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
特集ページ >>続きを読む

これを機にジャパンネット銀行のビジネスアカウントを開設しておきませんか。

法人口座開設の必要書類と審査落ち理由を元銀行員が語る!
ネット銀行なら簡単に作りやすいの?厳しい?

\ 来店不要 /

ファクタリングなら借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化できるのが「ファクタリング」です。

日本では銀行融資など金融機関の融資以外の資金繰り方法としては手形割引がよく知られていますが、欧米では手形割引きよりファクタリングの方が一般的。

 

ただしファクタリングは業者選びが非常に大切です。
ファクタリング業者は街金レベルのところも多いからです。

もちろん銀行や信金等の金融機関でもファクタリングの取り扱いはあるのですが、金融機関のファクタリングは複雑な3社間ファクタリングとなり、債務者への通知やスピード現金化の点で劣ってしまいファクタリングのメリットが活かせません。

ファクタリングのメリットを活かしつつ安心して申込ができる会社は、次の2つに絞られます。

 

資金調達プロ

  1. 法人はもちろん、自営業・個人事業主でも申込が可能
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. ビジネスローン、カードローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  4. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  5. 「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う。
資金調達プロの特集ページ >> 続きを読む

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)

OLTAはメガバンクや大手ベンチャキャピタル等がパートナーとなるフィンテック企業です。

  1. 最短24時間で現金化
  2. 全ての手続きがネットで完結
  3. 手数料が安い
  4. クラウド会計ソフトfreeeに連携あり
  5. 使い続けると取引条件が優遇される
  6. OLTA(オルタ)は、コンプライアンス(法令遵守)が最も強く求められるメガバンク(大手銀行)がパートナー企業という安心感が抜群。

↓動画で内容を確認(音声出ません)

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)の特集ページ
>>パートナー企業を確認してみる(審査申込も可能)

 

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りにお困りの方にはおすすめできるので、特集ページを読んでみてください⇛フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

-ノンバンクの事業者ローン資金繰り

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2020 All Rights Reserved.