フィンテックとは?トランザクションレンディングやオンライン融資など

オルタナティブレンディングとは?フィンテックで銀行融資に代わる金融融資で借入も

更新日:

金融とITの融合であるフィンテックの隆盛によって、新たな融資方法・融資サービスを提供する会社が出てきました。

これらの融資は「オルタナティブレンディング」と総称されています。

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
オルタナティブレンディングという言葉を理解するためには「オルタナティブ」と「レンディング」を分けて考える必要があります。

まずはレンディングという言葉が持つ意味、フィンテックにおけるレンディングの持つ独特の意味について解説していきます。

レンディングとは?

直訳すると「融資」

レンディングとは英語のlend=貸すという意味の現在分詞であるlendingという意味です。
つまり、融資という意味になります。
では、銀行融資もレンディングという意味になりますが、金融の世界においては銀行融資はレンディングにはなりません。

銀行に代わる融資サービス

金融の分野でレンディングというときには、銀行に代わる融資のサービスというような意味合いがあります。
フィンテックによって誕生した銀行以外からの融資サービスがレンディングと表記されることが多く、本記事のテーマであるトランザクションレンディングもレンディングの1つです。

審査は基本的に人間が行わない

レンディングにおいて、審査は基本的に人間は行いません。
様々なデータからAIが審査を行います。

このため、レンディングにおいては銀行融資に必要な書類や、審査の時間は銀行融資と比較して圧倒的に少なくなるという特徴があります。
ただし、銀行が融資を行うわけではなく、ほとんどのレンディングが貸金業者として登録した業者が行っています。
預金のように低い資金調達コストの資金を融資しているわけではないため、銀行融資よりも一般的に高金利になっています。

 

オルタナティブとは?

オルタナティブは「代替的な」という意味です。

銀行融資などの従来の金融機関の融資に代替するという意味が込められて、フィンテック関連の融資は「オルタナティブ・レンディング」と呼ばれるようになりました。

その「オルタナティブ・レンディング」は、
融資の形態・内容によって下記の5種類のレンディングに分けられます。

オルタナティブレンディングの種類形態・内容

直接(融資元)
① トランザクションレンディング(事業主向け)
② バランスシートレンディング(事業主向け)
③ スコアレンディング(個人私的利用向け)

場(プラットフォーム)
④ P2Pレンディング(個人私的利用向け)
⑤ ソーシャルレンディング(事業主・個人の両方をカバー)

事業主向け(企業から自営業まで) 個人の私的利用向け
トランザクションレンディング
バランスシートレンディング
スコアレンディング
ソーシャルレンディング P2Pレンディング
ソーシャルレンディング

5種類のレンディングは、
サービスの根幹の違いにより大きく2つに分類されます。
「直接」:融資する側が自社で融資するレンディング・サービスです。
「場」:融資する側と借りたい側をマッチングするプラットフォームを提供するサービスになります。

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資
    (申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い
申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要
【法人】代表者の連帯保証が必要

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
特集ページ >>続きを読む

これを機にジャパンネット銀行のビジネスアカウントを開設しておきませんか。

法人口座開設の必要書類と審査落ち理由を元銀行員が語る!
ネット銀行なら簡単に作りやすいの?厳しい?

\ 来店不要 /

ファクタリングなら借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化できるのが「ファクタリング」です。

日本では銀行融資など金融機関の融資以外の資金繰り方法としては手形割引がよく知られていますが、欧米では手形割引きよりファクタリングの方が一般的。

 

ただしファクタリングは業者選びが非常に大切です。
ファクタリング業者は街金レベルのところも多いからです。

もちろん銀行や信金等の金融機関でもファクタリングの取り扱いはあるのですが、金融機関のファクタリングは複雑な3社間ファクタリングとなり、債務者への通知やスピード現金化の点で劣ってしまいファクタリングのメリットが活かせません。

ファクタリングのメリットを活かしつつ安心して申込ができる会社は、次の2つに絞られます。

 

資金調達プロ

  1. 法人はもちろん、自営業・個人事業主でも申込が可能
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. ビジネスローン、カードローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  4. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  5. 「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う。
資金調達プロの特集ページ >> 続きを読む

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)

OLTAはメガバンクや大手ベンチャキャピタル等がパートナーとなるフィンテック企業です。

  1. 最短24時間で現金化
  2. 全ての手続きがネットで完結
  3. 手数料が安い
  4. クラウド会計ソフトfreeeに連携あり
  5. 使い続けると取引条件が優遇される
  6. OLTA(オルタ)は、コンプライアンス(法令遵守)が最も強く求められるメガバンク(大手銀行)がパートナー企業という安心感が抜群。

↓動画で内容を確認(音声出ません)

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)の特集ページ
>>パートナー企業を確認してみる(審査申込も可能)

 

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りにお困りの方にはおすすめできるので、特集ページを読んでみてください⇛フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

-フィンテックとは?トランザクションレンディングやオンライン融資など

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2020 All Rights Reserved.