「融資借入の最新の傾向と関連ニュース」 一覧

no image

中小企業向け事業資金融資(設備資金)で保証付き融資減少の実情を元銀行員が語る

2018年10月の日経新聞にこんな記事がありました。 中小企業向け融資、リスク恐れず「保証付き」バブル期以来の低水準 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3666 ...

no image

歩積両建預金とは?銀行員のノルマと金融庁禁止の理由

東日本銀行の不正事件で歩積両建預金という言葉を初めて耳にしたという人も多いのではないでしょうか? 歩積両建預金とは金融庁に禁止されている不正行為です。 もしも、銀行から融資を受けた際や、申込の際に銀行 ...

no image

東日本銀行の不正融資の内容と優越的地位の濫用の禁止を考える!銀行員のノルマ問題と地銀の経営悪化・赤字問題も

地方銀行の不正が相次いでいます。 最近(2018年)、最も有名な不正融資と言えば、スルガ銀行のアパートローン不正融資の事件ですが、銀行の不正はそれだけではありません。 東京の第二地銀、東日本銀行は融資 ...

no image

三菱UFJ信託銀行が法人融資を捨てたことから見る銀行と信託銀行の今後

2017年5月、三菱東京フィナンシャルグループが傘下の三菱UFJ信託銀行の法人融資事業を三菱東京UFJ銀行へ移管すると発表しました。 長年競合関係にあったグループ内での法人融資部門にようやくメスが入っ ...

no image

地方銀行の苦境と生き残り再編と金融庁の方針から今後の銀行融資の方向性を理解する

地方銀行が苦境に立たされています。 メディア各社では、地方銀行が本業で赤字を出しているとの記事が踊っており、利息収入の下落に加えて、カードローンやアパートローンのなどの収益源を相次いで失っているためで ...

no image

2017年平成29年度公表の金融庁行政方針で2018年度の銀行経営と融資はどう変わるのか?

2017年11月、金融庁は、金融庁が今後の金融行政においてなにを目指すのかということを明確化した、金融行政方針を公表しました。 金融庁の方針によって、銀行経営はこれまでも大きく左右されてきましたが、新 ...

no image

経営者が注意したい融資詐欺 貸します詐欺 金融融資ブローカー

融資名目で世の中にはさまざまな詐欺が横行しています。 この記事では、融資詐欺・貸します詐欺の注意点や手口などについて解説していきます。 融資詐欺に注意 つなぎ資金融資の詐欺のように、世の中には、融資を ...

no image

商工中金の不祥事<不正融資問題と中小企業融資>危機対応融資とは?

2016年に商工中金が取引先の財務内容を改ざんするなどをして、不正融資を行っていたことが2017年になって発覚しています。 本来、融資対象とならない企業の財務内容を改ざんするなどして無理やり融資を行っ ...

no image

金融庁の方針転換を理解するために知っておきたいバブル期からの不良債権処理と信用保証優先の弊害

不良債権処理からの脱却、銀行本来の役割へ バブル崩壊によって山一証券、日債銀、北海道拓殖銀行といった金融機関の相次ぐ倒産によって、1990年代に金融業界は金融不安に突入しました。 従来、金融機関等の行 ...

no image

銀行カードローン問題<まとめ保存版>過剰融資と自主規制の流れ【2017年に社会問題化】

銀行のカードローンが審査や広告に対して自主規制を強化する流れになっています。 2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随するようになってい ...

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.