売掛債権担保融資 ファクタリングで資金繰り 運転資金調達

資金調達プロ!ファクタリングで資金繰りは危ない?闇金や詐欺業者に騙されない&安全な業者選び

更新日:

お金を借りるのではなく、手持ちの売掛金などの債権を期日前に売却することで会社の資金繰りを円滑化する方法として、ファクタリングは近年大きな注目を集め、利用者も増えています。

しかし、最近になってファクタリングを装った詐欺が増えてきました。

このようなニュースを見て「ファクタリングは怖い」「ファクタリングは違法」という認識を持ってしまった人も多いのではないでしょうか?

ファクタリング自体は違法ではありません。

ファクタリングを装ってお金を貸すケースが違法なのです。

ファクタリングで違法となるケースや詐欺被害に遭わないための注意点、安心できる業者選びについて解説していきます。

ファクタリングは違法?

ファクタリングとは売掛金などの売掛債権の売却です。

入金までに日がある売掛金などの売掛債権を売却して現金化することで、会社は早期に現金を手にすることができ、会社の資金繰りを安定化させることができます。

結論的に言えばファクタリング自体は違法行為ではありません。

民法で規定されている合法な行為です。

ただし、ファクタリングには銀行や消費者金融と比較して法的な規制がほとんどないので、悪徳業者や闇金も存在する可能性が高いということができます。

ファクタリングは違法ではない

ファクタリングという行為は違法ではありません。

法律で禁止されている行為ではないので、売掛金などの売掛債権を買う業者も、売却する事業者も違法行為にはなりません。

詳細なルールを決めた法律がないだけ

ファクタリングの大きな問題点の1つが、ファクタリングについて詳細なルールを決めた法律が何も存在しないという点にあります。

そのためファクタリングは様々な業者が事業に参入することもできますし、手数料なども各社が自由に設定することができます。

お金を貸す行為に関しては、利息や取り立てなどについて様々な細かい決まりがあり、参入障壁は高いのですが、ファクタリングには参入障壁はないので、中には怪しい業者が混じってしまうので、ファクタリングを装った詐欺事例が多いのです。

貸金業や銀行は法律で詳細な規定がある

消費者金融や信販会社は貸金業法という法律に則って「お金を貸す」業務を行わなければなりません。

銀行であれば銀行法、信用金庫法に則って業務を行います。

それぞれの法律では詳細なルールが決められており、国や都道府県に許可や登録を行わないと業務運営を行うことができず、業務内容に関しては金融庁が厳しくチェックをしています。

そのため、これらの会社が利息制限法を破った融資などの不正行為を行なっていた場合には行政処分などの対象となります。

しかし、ファクタリングには業務を規制する法律がありませんし、どこかの官庁から銀行や貸金業者のように厳しいチェックを受けているわけではありません。

ファクタリング自体は違法行為ではありませんが、銀行や貸金業者からの融資のように、利用者を守る法律が存在しないだけという点を理解しておきましょう。

融資とファクタリングの違い

融資は、お金を貸して利息制限法に基づいた利息を受け取る貸金業法に定める取引で、不動産を担保にした融資である「不動産担保融資」、機械設備などを担保にした「動産担保融資」売掛金などを担保にした「債権担保融資」、「無担保融資」などがあります。

一方、ファクタリングは、民法第555条「売買」並びに投資事業有限責任組合契約第3条4項の「事業者に対する金銭債権の取得」に規定される取引です。

つまり、ファクタリングは金銭債権の売買を行うものであって、お金を貸す行為ではありません。

融資は貸金業法という専用の法律に基づく行為であることに対して、ファクタリングは、民法上に規定されているにすぎませんので、違法行為ではありませんが、利用者を守る決まりが何もないに等しい状態となっているので、下記のような詐欺事例が急増しているのです。

ファクタリングを装った違法行為に注意

ファクタリングに対して詐欺などのネガティブなイメージがある理由は、ファクタリング業者を装って実際には違法金利でお金を貸している業者が存在するためです。

売掛債権を買い取る行為については法律で規制がないので、貸金業者のように国や都道府県に届け出る必要がありません。

そのため、ファクタリング業者を装って顧客を信用させ、実際には登録が必要な貸金業を営んで逮捕されるケースがあるのです。

ファクタリングを装った違法貸金業

ファクタリング会社を装った違法な貸金業者はどのような詐欺を働いているのでしょうか?

具体的な事例を見ていきましょう。

事例1

東京都中野区の業者が、ファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたというケースです。

平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていた事例です。

お金を貸す行為には貸金業者の登録が必要になることから、無登録営業であり、約1年の間に、3億円の融資に対して1億円以上の利益を得ていたということは利息制限法にも反していることになります。

事例2

関西の加工会社の会長が約320万円の売掛債権を業者に譲渡する一方で、同じ業者から20万円を借り入れた事例です。

この会長は利息を含めて31万円を返済しましたが、債権は結局、業者の求めで会長側に戻ることになりました。

債権の買い取り代金は支払われていないことから、この業者が行なったことは、純粋に売掛債権担保融資です。

しかし、この業者は貸金業登録を行なっていないことから違法な無登録業者であり、平成29年1月以降にグループ14人は貸金業法違反で逮捕されています。

このように、無登録で営業することができるファクタリング会社は闇金の隠れ蓑に利用されるケースが非常に多くなっています。

たとえば会社経営者が「資金繰りに困ってファクタリングをしよう」と考えた際に、業者から「買い取りは難しいですが、融資ならできる」と言われれば何となく安心して取引に応じてしまうものなのではないでしょうか?

ファクタリングは緊急の資金繰りに窮した経営者が多いので、「お金がすぐに必要」という弱みに付け込んで、ファクタリング業者を装った詐欺はさらに存在するのではないかと言われています。

貸金業のように登録が必要ないので悪徳業者に注意

ファクタリングは業務を行うために登録や許可などが必要なく、法律の規制がないので、闇金の隠れ蓑になりがちです。

専門家の中にも法律整備の必要性を唱える人も多いので、これからは法整備が進みファクタリング業界からは今後は怪しい業者が排除される流れになっていくかもしれません。

しかし現状は法律整備は何も行われていないので、自分の目で安心できる業者か否かを確認したうえで取引を行う必要があるのです。

 

ファクタリングを装った詐欺に騙されないためのポイント

前述したように、ファクタリング業者を装い、違法な金利で融資を行う詐欺も少なくありません。

このような業者に騙されないために、初めて取引を行う業者とは以下の点に注意して取引をするようにして下さい。

買取なのか融資なのか

悪徳業者はファクタリングを口実にして、実際には融資をしたいと考えています。

ファクタリングを行なっても業者が受け取ることができる利率は20%程度が限度です。

しかし違法金利でお金を貸してしまえば、年間300%程度の利息を取ることができる場合もあり、基本的にはファクタリングよりも融資の方が儲かるのです。

そのため、取引をする前には必ず取引内容が「売掛債権を買い取るのか」「売掛債権を担保にした融資なのか」ということを確認するようにしましょう。

買い取りであればファクタリングですので、特に許可や登録は必要ないので違法行為ではありません。

しかし、融資なのであれば貸金業者としての登録が必要になります。

当該業者を金融庁ホームページの「登録貸金業者検索サービス」で調べて、そこで登録貸金業者としての登録がないのであれば、その会社は無登録営業の闇金です。

絶対に取引をしないようにしてください。

手数料

売掛債権の買い取りのはずなのに、返済に関する約束がついている場合には、ファクタリングを装ったさぎです。

「50万円を借り入れ、それを翌月末に100万円で返済する」などの契約になっていた場合には、無登録の業者が違法金利でお金を貸し付けているだけですので、絶対に取引を行なってはなりません。

また、貸付を行なっていなくても異常に高い手数料を設定している業者にも要注意です。

ファクタリングの手数料の相場は5%〜20%程度となっていますので、例えば30%もの手数料を設定している業者はかなり怪しい業者ですし、「ファクタリングではなく融資であれば、もっと低い手数料でお金を融資できる」と融資を打診してくる可能性もありますので、手数料が相場的に見て平均的かということにも注意しましょう。

契約書の有無

契約書がないファクタリング業者も数多く存在します。

やましいことがないのであれば、契約書をしっかりと締結するのが当然ですので、契約書のない業者とは取引を行なってはなりません。

最初はファクタリングに応じても、2回目以降は「以前の取引で信用度がアップしたので低金利で融資する」などと違法貸出を持ちかけてくる可能性もありますので、法律関係が明確にされた契約書の締結は必ず行い、契約書がない業者とは絶対に取引を行なってはなりません。

売掛債権の一部譲渡

売掛債権を全部ではなく、一部しか譲渡していない場合にも違法闇金と取引をしている可能性があります。

例えば100万円の売掛金のうち60万円を譲渡して、手数料を引いて80万円入金になった場合には、譲渡した金額と入金額の差額である20万円に関しては融資を受けていることになってしまいます。

この会社が貸金業登録を行なっていない場合には無登録営業の闇金ということになります。

売掛債権の1部譲渡を申し出てくる会社も闇金の可能性が非常に高いので絶対に取引をしてはいけません。

 

安全なファクタリング業者はここ

ファクタリングは売掛金を期日前に資金化することができるので、会社の資金繰りは円滑になりますし、会社の経理部門の合理化にもつながります。

また、資金化までの時間が早いので、緊急で現金が必要になった場合や、銀行から事業資金融資が下りるまでの繋ぎ資金としても活用することができます。

ファクタリングは企業経営には活用の用途が多数ありますので、ファクタリングは安心できる企業とさえ取引すれば企業経営にはプラスになるものです。

安心できるファクタリング会社をいくつかご紹介していきたいと思います。

安心安全なら銀行系が間違いないが

三菱UFJ系列の「三菱UFJファクター」

https://www.muf.bk.mufg.jp/

みずほ銀行系列の「みずほファクター」

http://www.mizuho-factor.co.jp/

などでもファクタリングの取り扱いはあります。

メガバンク傘下のこのような会社が闇金のような融資をすることはあり得ませんので取引を行なって絶対に安心ということができるでしょう。

しかし、これらの会社は債権額数億円に上るような大口の顧客でないと相手にしてくれないことが多いようです。

すでに三菱UFJ銀行やみずほ銀行と事業資金融資の取引がある場合には、銀行の紹介からファクタリング取引ができる場合もありますが、中小企業が「月末に支払いのお金がない」という緊急時に数百万円程度のファクタリングを希望することには不向きです。

大手リース系や大手ノンバンクも安全ではあるが

オリックスやビジネクストなどの大手リース会社やノンバンクでもファクタリングを行なっており、こちらも安心して取引ができると言えます。

オリックスのファクタリング

https://www.orix.co.jp/grp/business/factoring.html

ビジネクストのファクタリング

https://www.businext.co.jp/products/factoring/

こちらは前述した銀行系のファクタリングよりもハードルは低く、銀行などよりも低い金額の売掛債権でも買い取りに応じてくれるようです。

また、手数料も低く、例えばビジネクストの買い取り手数料は月率2.0%以下となっています。

しかし、大手リース系や大手ノンバンクは買い取りの際に債権譲渡登記が必要になり、手続きが面倒で買い取りまでに時間もかかってしまいますので、やはり中業企業が「今日・明日のうちにお金が必要」という場合には、時間的に買い取りが間に合わなくなってしまう可能性があります。

中小企業が安心して取引できるのは?

中小企業がファクタリングに対して求めるものは「少額でも買い取りに応じてもらうことができる」こと「すぐに売掛債権を現金化することができる」「手数料が安い」という3点ではないでしょうか?

ここまでご紹介した、銀行系、大手リース系、大手ノンバンク系は、安心ではあるものの上記3つの条件を全て満たしているものではありません。

これらの条件を満たしているのはやはりそれほど大きくはないファクタリング会社ということになりますが、名前を聞いたことがないような街金が営むファクタリング会社と取引をするのは心配です。

そこで、ファクタリング業者とのマッチングを行なっている「資金調達プロ」などを活用するのがよいでしょう。

資金調達プロ

資金調達プロ自体がファクタリングを行なっているのではなく、資金調達プロはファクタリング業者とのマッチングサイトです。

怪しい業者が多数いるなかで、上場企業が運営しているサイトですので、このサイトでは安心できる業者を探すことができるのです。

GMOのフリーナンス

この他、GMOが提供するフリーランス専用の決済サービスである「フリーナンス」に登録すると、低い手数料でファクタリングを利用することが可能ですので、個人事業主・フリーランスの方はこちらの利用も検討してみてはいかがでしょう?

まとめ

ファクタリング自体は違法行為ではありません。

ファクタリングを装って融資を行うと無登録営業になり、利息が高いと出資法違反になります。

ファクタリングの詐欺とは、ファクタリング業者を装って上記のような違法行為の融資を行なっているケースです。

このような詐欺に騙されないために、買取なのか融資なのかを最初に明確にして、融資の場合には貸金業者の登録があるか金融庁に確認してから取引を行いましょう。

安全な業者とファクタリング取引をするためには銀行や大手リース会社や大手ノンバンクのファクタリングが確実ですが、このような大手ファクタリング会社では少額の債権をスピーディーに現金化することが難しいのがデメリットです。

中小企業や個人事業主が安心のファクタリング会社を探したいのであれば資金調達プロやGMOのフリーナンスを利用するとよいでしょう。

ファクタリング=違法ではありませんが法律の整備が進んでいない現状では自己責任で優良業者を探すしかありません。

契約内容や口コミなどをしっかりと確認してから取引をするようにしてください。

 

 

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。↓【参考に】
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-売掛債権担保融資 ファクタリングで資金繰り 運転資金調達

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.