暗号通貨 仮想通貨の動向とICO資金調達

ビットコインとは?仮想通貨とは?価格高騰の理由と将来性

更新日:

資金繰ラウンジ編集長
事業主の方は自分のビジネス・商売に忙しいと思うので、ここでは簡潔な解説に留めています。まず概要をつかんでもらって、もっと詳しく知りたい方はこのページ内のリンクから各詳細ページへどうぞ。

ビットコインとは?仮想通貨とは?

ビットコインとは仮想通貨の一種にして仮想通貨の基軸通貨です。
その基軸通貨っぷりは、ドルと円とユーロを合わせたくらいの立ち位置。

仮想通貨とはドルや円などのいわゆる通貨(法定通貨)に対して名付けられたネット上の通貨のこと。

 法定通貨(ドルや円など)  仮想通貨(ビットコインなど)
 実物  ある(紙幣や硬貨)  なし(ネット上の数字)
 発行主体  中央銀行や政府
(中央管理)
 なし
プログラムで規定・分散型ネットワーク
 信用  高い
(国が価値を裏付ける)
 流動的(状況によって変動)
通貨の信用度が低い国で、
暴落した通貨より信用が高くなるなど
 発行量  無限(金融政策次第)  有限
(各仮想通貨によって枚数は異なる)
 額面  額面一定
円なら10円・1000円など
 実物がないので細かい数字もある
1ビットコインに満たない
0.001ビットコインで買い物も可能
 価値・価格変動  小さい  大きい
 取引の場  銀行など金融機関や
証券会社など
 仮想通貨の取引所
 偽造  可能だが見破られやすい  困難
法定通貨より偽造されにくいとされる

 

ビットコイン注目の理由と急騰・高騰の原因

2017年に価格が急騰・高騰して一躍注目をあびるようになり、認知度が一気に広がりましたが、その理由は端的に言って2つです。

1,フィンテック隆盛の一部として、期待値が上昇したため
2,日本人の大量流入によるバブル

1は後述するとして、まず顕著な2から見ていきます。

日本人の大量流入によるバブル

2017年に起きたビットコインの高騰がひと目で分かる図

※グラフが非常に分かりやすかったので、ビットプレスさんより引用させていただきました。
https://bitpress.jp/column/kuso/entry-7287.html

高騰へは4段階のステップを踏んでいることがわかります。

1,年初は10万円台前半でしたが、GW明けあたりから最初の急騰を始め5~7月は20~30万円台で推移

2,8月前半に第2弾の急騰8~10月は40~50万円台で推移

3,10月頭には上昇ペースを早めた第3弾の急騰10~11月半ばは60~90万円台とレンジを広げ推移

4,11月後半より第4弾の急騰で11/26には100万円を突破、そこからわずか10日程の12/7には200万円を突破し、12/8には最高値230万円に到達

引用元:https://bitpress.jp/column/kuso/entry-7287.html

これらに上昇局面に共通しているのが、市場のプラス材料が出て価格が上昇したというよりは、上昇直前にビットコインが一般に広く知られるような機会があったからだと僕は思っています。

ゴールデンウイーク明けに最初の急騰

ゴールデンウイーク明けの上昇直前に、日経新聞の電子版、紙面共にトップ記事で仮想通貨の話題が出ました(2017年5月2日)
日経電子版:仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入

ゴールデンウイークの休み中にこれらを目にした人で、ひとまず口座開設したケースは多かったでしょう。

また、既にビットコインを購入していた人や前々から関心のあった人が、この日経の記事を見て「一般認知が進む・今後上昇しそう」と読んでコインを買い増し。需要が増えたことで価格も上昇といったところです。

8月頭からの急騰がその後の高騰のきっかけ

2017年7月31日(月)NHKのクローズアップ現代+で放映
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4016/index.html

これ、僕もリアルタイムで見ていました。

 

フィンテック隆盛の一部として、期待値が上昇したため

今の仮想通貨は単なるマネーゲームのバブルですが、仮想通貨の本質には技術革新がからんでいますので、過去に起きた株や金融のバブルとは一線を画すところが判断に迷うところなのです。

今のところ実態経済とリンク乏しい

 

 

「ビットコイン、貨幣になっても必ず…」 岩井克人さん
https://www.asahi.com/articles/ASKDT7T61KDTUPQJ00C.html?ref=yahoo

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-暗号通貨 仮想通貨の動向とICO資金調達

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.