クラウドファンディングで資金調達

クラウドファンディングで資金調達する前に信用金庫や金融機関を活用するメリットと上手な活用方法を信金視点で語る

更新日:

中小企業の資金調達手段は金融機関からの融資が主流ですが、近年「クラウドファンディング」という手法が登場しました。

クラウドファンディングは投資型と非投資型の2つの形式があり、そこから更に5つに分かれます

投資型

  • 株式型
  • 貸付型(融資型)
  • ファンド型

非投資型

  • 寄付型
  • 購入型

この内、実際のシェアとして大きいものが「貸付型」と「購入型」となっていることから、これらの資金調達手法を考察し、信用金庫からの借入との比較を行ってみましょう。

クラウドファンディングの主流「貸付型」と「購入型」の特徴を比較

貸付型クラウドファンディングとは?

プロジェクトごとに募集が開始され、投資者はファンドに拠出し、募集者はファンドから融資を受ける形となります。

資金使途は不動産購入資金や運転資金が目立ちます。

融資期間は様々ですが、数ヶ月という超短期案件もあり、期間中は利払いを行い、期日に元金を一括返済するパターンが多く見られます。

貸付金に対する保全としては不動産担保を徴求する案件もあるなど様々です。金利は5%〜10%前後といったところで、決して低い金利負担とはいえない水準です。

メリット:金融機関に頼らない資金調達手段

募集者のメリットとしては金融機関融資に頼らず資金調達ができ、事業を開始する事ができる点です。

金融機関からの借入が望めない時に投資チャンスがある場合、検討する価値はあるでしょう。

デメリット:調達費用が高い

やはり金利負担でしょう。5%〜10%前後の金利設定はもはや消費者ローンやカードローンの水準です。

数ヶ月の短期間の調達であれば金利負担はそこまで大きくはありませんが、仮に1年償還で1億円の調達の場合、金利負担は1,000万円と巨額になります。

投資対象は不動産が多く見られますが、実際に年率10%以上で運用することは難易度が高いと思われます。

売却目的であれば合理性が高まりそうですが、確実に売却できるのであれば、金融機関の融資を受けられる可能性は高まるため、わざわざクラウドファンディングを行うことも疑問です。

購入型クラウドファンディングとは?

プロジェクトごとに募集が開始され、投資者はプロジェクトの成果物を購入する形で資金を拠出します。

実質的な代金の前払いです。募集者は投資者からの資金を元にプロジェクトの成果物を生産・構築し、出資者にリターンします。

メリット:評判経済を活用した宣伝ができる

募集者のメリットとしては現金をリターンする必要はなく、生産物での返礼となりますので客観的に見れば「前払い形式の物販」です。

前払いを受けてから生産できることは大きな利点で、運転資金を確保できでいる状態は大きな安心感がありますし、何しろ販売先も確定しています。

それよりも大きなメリットはクラウドファンディングの募集活動そのものが広告宣伝となることです。

ファンドの募集内容で当該プロジェクトのアピールはもちろんですが、自社の概要やコンセプト、生産者の想いなどをアピールする事ができます。

応募者はそのまま募集者の「ファン」と言えますので、SNS上で支援を行ったことを拡散する人は多くいます。

現代の商売の要となる「評判経済」のスキームを使用することのメリットは多大なものがあります。

デメリット:資金調達のパフォーマンスは良い訳ではない。

私の勤務する信用金庫でもクラウドファンディング業者と連携していますが、「購入型クラウドファンディングの目的は主に広告宣伝」と業者が明言しています。

応募者へのリターンは現物ですがファンディング業者には手数料を支払う必要があり、資金調達のパフォーマンスとしてはあまり良くないようです。

 

信用金庫からの融資による資金調達と比較して

そもそもクラウドファンディングを行おうと思うタイミングは、当然に資金調達を行う必要性が発生した時でしょう。

その資金使途が新商品・サービスの開発であれば購入型を選択することには合理性があります。

資金調達と宣伝広告を同時に行えることは大きなメリットであり、生産コストが調達額を上回ったとしても、それが広告宣伝費として割安な水準であれば損はないと考えられます。

一方で貸付型を選択する場合は、信用金庫からするとかなり疑問符がつきます。現在の事業性融資の貸付金利の相場は1%〜3%(正常先と仮定)くらいだとして、5%〜10%前後の金利となるとかなり高水準と言え、消費者ローンと同じレベルです。

業績の悪化や過剰借入等で金融機関からの借入はできないけれど、不動産への投資を行いたいとの希望がある場合は選択肢としても良いかもしれません。

信用金庫からの融資を最優先に考える

クラウドファンディングは近年拡大してきた資金調達手法で、事業者にとって資金調達方法が多様化することは基本的には朗報であると思います。

しかし、貸付型に関しては金利負担が大きいと言わざるを得ず、事業からの利益が圧迫されることになります。

特に賃貸用不動産を建築し運用益を得ていく場合、賃料収入の上限はほぼ決まっていることから、融資金利は直接運用益を左右する要素であり、いかに低金利で調達できるかが極めて重要です(そのため不動産業者は金利には強いこだわりを持っています)。

その新事業について経済合理性があり、担保物件として十分であれば、業況に懸念があっても信用金庫は相談に乗ってくれるはずです。

そして大抵の場合、信用金庫からの融資の方が低金利となると思われます。

「きっと貸してはくれない」との思い込みは一旦捨てて、真に利があると考える事業であれば是非信用金庫に相談してみてください。クラウドファンディングに依頼をするのはそれからでも遅くはありません。

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-クラウドファンディングで資金調達

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.