信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

北おおさか信用金庫の事業資金融資を資金繰りに活用する

更新日:

北おおさか信用金庫は2013年、十三信用金庫と摂津水都信用金庫とが合併して誕生した信用金庫です。この合併によって大阪府内では3番目の規模を誇る信用金庫となっています。特徴としては十三信用金庫を存続金庫として合併しつつ、本店は摂津水都信用金庫の本店があった茨木市においており、かつての十三信用金庫の本店は営業部となっています。規模が大きいこともあって大阪府内を広く営業エリアとしているので、ビジネスローンも活用しやすいでしょう。

ジャストカードローン

北おおさか信用金庫では個別に対応する形で企業への融資を積極的に行っています。しかも詳細がホームページに掲載されていない面もありますから、どんな事業資金融資があるのかをチェックするだけでなく、窓口やWeb上から問い合わせをするなど情報収集が重要になってきます。その上でまず選択肢として挙げられるのがこの「ジャストカードローン」です。これは個人事業主や法人の役員を対象とした融資商品で、当金庫の営業地区内に住所または事業所を有しており、安定継続した収入がある個人・役員が利用できます。

融資額は最大で500万円までで、申し込み時の年齢は満20歳以上65歳以内。最大のポイントは融資額内なら何度でも繰り返し利用できるカードローンの形態をとっている点です。そのため資金繰りが厳しくなるたびにわざわざ融資を申し込む必要もなく、資金調達したいときに借りることができるのです。この点は頻繁に資金調達する機会が多くなる個人事業主や中小企業にとってはとても大きなメリットとなるはずです。なおインターネットから申し込むことも可能で、100万円未満の融資なら所得証明などの書類が原則不要といった点も魅力です。

北おおさか創業支援融資「始めくん」

こちらは新たにビジネスをはじめる事業者を対象とした融資商品です。特徴は融資を行っている地域によって内容が若干異なる点です。これは各地域にある商工会議所などとの連携の上で融資を行っているからで、事業所を有している地域ではどういった内容なのかを必ず確認しておきましょう。

なお本店がある茨木市を例にとると6ヵ月以内に当金庫の営業エリアで事業をはじめるか、創業後1年以内であること、茨木市または茨木商工会議所から創業に関して指導などの関与を受けていることが条件です。融資額は300万円まで、用途は創業ならびに創業後に必要な運転資金・設備資金。融資期間は運転資金が5年以内、設備資金は7年以内です。いずれも6ヵ月の据え置き期間があります。基本的な内容はどの地域でもそれほど変わらないでしょう。

その他の事業者向けサービス

事業向けサービスでは前述した個別の融資に加えて「でんさいサービス」、電話での問い合わせも充実している各種相談制度、インターネットバンキングなどが挙げられます。
 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 185

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.