信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

福岡信用金庫で資金繰りに便利な事業資金融資は?

更新日:

福岡市中央区に拠点を置く福岡信用金庫は大正14年の創業以来、地元福岡に根を据えて80年間以上も地域に密着した金融サービスを提供してきた金融機関です。現在では15の支店を展開して、きめ細かな融資活動も行っています。特に地域事業にとって利便性の高い事業資金融資プランが高い評価を受けていて、信頼度の厚い信金とされています。

福岡信用金庫でおすすめのビジネスアシスト
こちらのローンは法人・個人事業者の事業資金ニーズを応援するプランとなっています。融資方法は2通り、資金繰りに便利なカードタイプと従来の証書貸付のタイプを用意しています。融資額はともに50万円以上500万円以下で、返済期限は証書貸付が10年以内または返済回数120回以内の設定、一方カードタイプは3年毎の契約更新となっています。金利は9.5%または12.5%でカードローンの金利相場に合わせていて、若干高い利率だと言えるかもしれません。なお担保・保証人については、無担保ですが原則法人代表者の連帯保証人が必要です。また保証会社の保証が得られる方に限定されています。

カードローン「アシスト」でも事業資金の利用がOK!
個人向けのカードローン・アシストですが、こちらも事業資金融資としての利用が可能です。利用条件は営業エリア内に住居する満20歳以上70歳以下の方で、当金庫の会員である個人としています。つまり企業名義での融資ではありません。個人向けですから安定収入があればパート・アルバイト・法人代表者・個人事業主・農業経営者の方も利用できます。利用限度枠は10万円以上300万円以下と少額融資ではありますが、資金繰りのつなぎには適しているでしょう。利息に関しては年利で14.6%の実質年率となります。

個人事業主の方におすすめのアドバンス・職域提携型個人ローン
こちらは従業員の方の福利厚生に利用できるローンで、個人事業主の方にも利便性がある内容となっています。メリットは金利優遇で、個人ローンの金利を0.5%引下げして提供されています。具体的な内容に関してはホームページに説明がないために、興味のある事業主の方は直接窓口に問い合わせてみてください。この他にも、福岡信用金庫では地元福岡県の信用金庫協会が提供する融資プランなどの窓口機関となっていて、ニーズに合わせた資金繰り融資プランを得る事ができます。

その他の事業者向けサービスについて
当信用金庫ではワンタイムパスワードを採用したネットバンキングと電子記録債権サービスが利用できます。このシステムによって会計処理やキャッシュフローの向上化が可能になります。また日本CIS認定協会マナーアップセミナーを実施するなど、地域事業の活性化・発展に貢献しています。
 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 234

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.