信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

資金繰りに活用できる津信用金庫の事業資金融資

更新日:

津信用金庫は1923年創業、90年以上の歴史を誇る老舗の信用金庫です。三重県津市に本店を置いており、営業も基本的に津市をエリアとしています。店舗数は6店舗で、小規模の金融機関で長い歴史の中で地域密着の経営で実績を積み重ねてきました。地域経済の発展・安定化はもちろん、より広く地域振興にも積極的な活動を行っています。

ビジネスローンはないけれど…

そんな津信用金庫では、事業者を対象としたビジネスローンと呼べる事業資金融資商品は用意されていません。小規模の金融機関ということもあって融資商品そのものが限られており、預金やキャッシュサービス、自動受け取りサービスなど一般的な金融機関の業務がメインとなっています。その意味では資金調達の選択肢としてはあまり恵まれていない金融機関と言えるかもしれません。

ただ、融資制度がまったく用意されていないわけではなく、詳細は直接窓口に問い合わせたうえで確認してみるとよいでしょう。

「小規模事業者短期小口資金」

津信用金庫独自のビジネスローンはありませんが、三重県が実施している各種融資制度を利用することができます。三重県では中小企業をはじめとした小規模事業者が資金繰りに困ったり、経営不振に陥ったときに支援する融資制度を設けており、当信用金庫が窓口になって利用することも可能です。

そんな融資制度のひとつに挙げられるのが「三重県中小企業融資制度 小規模事業者短期小口資金」です。これは名称の通り小規模事業者を対象にしており、最大で500万円までの融資を受けることが可能です。ただし用途は運転資金に限定されており、あくまで当座の資金調達に役立てる形となります。

この融資制度のポイントは利子の軽減(マイナス0.5パーセント)を実施している点で、融資利率は1.75パーセントです。厳しい資金状況で利息も大きな負担になっている小規模事業者にとっては、非常にメリットの大きな融資と言えるでしょう。

急な資金調達に迫られたときにも対応できるよう、迅速な審査と融資が行われている点も魅力です。

他にもこうした当金庫以外が用意している融資制度を取り扱っていることもあるので、直接窓口で問い合わせてみましょう。期間限定のものも多いので、チャンスを逃さないよう心がけるのもポイントです。

このようにこの信用金庫ではビジネスローンの選択肢は広いとはいえず、限られた選択肢のなかから選んでいく形になるでしょう。とはいえ津市で事業を行っている法人・個人事業主にとっては資金調達の重要な選択肢となるでしょうし、条件があった融資制度を見つけることができれば有利な環境で資金調達ができるはずです。細かい点は直接店舗を訪れて担当者に問い合わせるか、相談を行うようにしましょう。
 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 153

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.