信用金庫一覧・融資借入金利ランク

資金繰りに鹿児島信用金庫の事業資金融資 借入金利と審査

更新日:

鹿児島信用金庫は1922年創業、90年以上の歴史を誇る老舗の信用金庫です。

これまで1944年に第一信用購買組合と、1945年に昭和信用販売購買利用組合と、1954年には柿本寺信用金庫とそれぞれ合併してきた歴史を持っています。

中小企業を対象とした地域経済の発展にかかわる事業を積極的に行っており、ビジネスローンだけでなく事業者向けのサービスを充実させています。

かしんビジネスフリーローン

使い勝手の良さが光るのが、この「かしんビジネスフリーローン」です。その名称の通り、広く事業性資金に自由に使用できる融資商品で、融資額は10万円以上500万円以下。

運転資金、設備資金だけでなく他の金融機関からの借入れに対する借換にも活用が可能です。複数の金融機関から借入れがある場合には1本化に利用すると便利でしょう。

融資期間は10年以内となっています。利用は個人事業主、法人の役員で、安定した収入があり、申し込み時に満20歳以上、完済時に81歳未満であるなどの条件もあります。

金利が固定金利なのも特徴で、審査の際に年5.8パーセント、8.8パーセント、13.8パーセントのうちいずれかに決定されます。担保・保証人は原則不要です。

さらに2017年7月からは、パソコン・スマホで申し込みから契約まで完結させることができるWeb完結型のサービスも開始しており、条件を満たせば来店することなく手軽に融資を受けることができるようになりました。

これはとくに個人事業主にとっては非常に大きなメリットとなるでしょう。

かしんフリーローン

こちらはビジネスだけに限らず用途が自由なローンです。個人事業主のように個人と事業の支出が曖昧になりやすい方に適しているでしょう。

利用の際には満20歳以上で完済時に75歳以下であること、安定・継続した収入があることが求められます。融資額は500万円以内、融資期間は10年以内。

こちらも金利は固定金利で、年5.0パーセント、7.7パーセント、13.2パーセントのうちから審査で決定されます。

なお、「かしんカードローン(しんきん保証基金)」を保有している場合には金利が0.2パーセント優遇されるので、併用も検討してみるとよいかもしれません。

そのほかのサービス

こうした事業資金融資に加えて、安定した資金繰りをサポートするべく手形割引や証書貸付といった一般融資、さらに県、自治体が行っている制度融資なども取り扱っています。

窓口では相談も行っており、どの融資制度がもっとも資金繰りの選択肢として適しているのかをよく検討した上で判断していくこともできるでしょう。

さらに、手形に代わる支払い手段として「電子記録債権 でんさい」も取り扱われており、面倒なお金のやり取りや記録などの手間を大幅に削減し、事業をスムーズに行っていくのに役立ちます。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 258


緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  

「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」
特集ページへ

-信用金庫一覧・融資借入金利ランク

Copyright© 事業資金 融資借入 資金繰りラウンジ , 2018 All Rights Reserved.