信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

資金繰りに佐賀信用金庫の事業資金融資 借入金利と審査

更新日:

佐賀信用金庫は創業1949年、14店の店舗数を展開している信用金庫です。本店は佐賀県佐賀市にあり、佐賀県の全域を営業エリアとしているほか、福岡県の大川市でも営業しています。支店は佐賀市、神埼市、鳥栖市にしかないため、他のエリアで事業を行いビジネスローンを探している方はこの信用金庫を忘れずに候補に加えておきたいところです。

ビジネスローンはないけれども…

佐賀県でビジネスを行っている事業者にとっては資金調達の重要な選択肢となるはずの佐賀信用金庫ですが、当金庫ではこれといったビジネスローンは用意されていません。その点資金調達の手段としてあまり魅力的ではないと言えるかもしれませんが、事業性融資そのものがないというわけではありません。割引手形、証書貸付、当座貸越、手形貸付といった一般融資は用意されているため、仕入れ資金の調達なら手形貸付、自由な用途で使いたいなら当座貸越、長期間の設備資金が必要なら証書貸付など、用途に合わせて適した融資制度を利用しましょう。

もうひとつ忘れてはならないのが代理業務です。信金中央金庫、日本政策金融公庫などが提供している融資制度の代理業務もあるため、そちらも必ず選択肢に加えておきたいところです。これらの融資制度は利用や用途に条件が設けられるものの、それを満たすことさえできれば、かなりよい条件で融資を受けることもできます。こうした内容を見ても資金繰りに困ったときには当金庫に直接問い合わせ、窓口に相談に訪れた上でどんな資金調達の選択肢があるのか検討していく必要がありそうです。

フリーローン「アシスト」

ビジネスローンではありませんが、事業資金融資としても利用できるフリーローンがあります。それがこの「アシスト」で、運転資金・設備資金といった一般的な事業性資金だけでなく、他の金融機関からの借入れを借り換えるときの資金としても利用可能なのがポイントです。なかなか融資を受けるのが難しい個人事業主にとって、とくにメリットが大きいのではないでしょうか。なお申し込み時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満76歳未満であることなどの条件が求められます。

融資額は500万円以下となかなか大口となっており、事業の資金調達としても十分役立ちます。融資期間は300万円以下では6ヵ月以上7年以内、300万円超では10年以内です。連帯保証人は不要、担保に関しては直接問い合わせてみましょう。

その他の事業向けサービスはとくに特筆するべきものはなく、「ネット口座振替受付サービス」「しんきんゼロネットサービス」「でんさいネット」といった一般的なサービスが見られます。選択肢が少々狭いのは否定できませんが、窓口に相談してみて資金調達の手段として適した選択肢が見つけられるか、確認してみるとよいのではないでしょうか。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 243

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


アドセンス(サイズ指定)

スポンサー リンク



あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-信用金庫一覧・融資借入金利と全国ランキング

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.