信用金庫で事業資金融資 運転資金借入

興産信用金庫で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査

興産信用金庫は株式会社こうしんサービス、株式会社こうしんビジネスサービスといった関連会社を持っている信用金庫で本店は東京都千代田区。

創業は1923年。1954年には葛飾信用金庫と合併、2000年には経営破たんした神田信用金庫を救済合併しています。

店舗数は24店(2018年3月現在)。店舗を訪れる利用者の満足度向上のためのCSチームの編成、アンケート回収ボックスの設置など、使い勝手のよい金融機関を目指した取り組みが目立ちます。

アシスト1000

興産信用金庫が事業資金融資として提供しているビジネスローンのひとつが「アシスト1000」です。

これは当金庫所定の基準を満たしているうえで当金庫の営業地区内で2年以上の事業を行っている事業者を対象にしたもので、1,000万円以内の融資額で利用が可能です。用途は運転資金のみに限定されているので注意しましょう。

融資期間は原則として3年以内。ただし審査の結果によっては特例として5年以内に設定されることもあるので詳しい点は問い合わせてみる必要がありそうです。

担保は不要、保証人は法人の代表者。ただし代表者が70歳以上の場合には事業後継者も必要です。

なお、法人税、事業税の滞納がないことも利用条件とされているので気をつけておきましょう。

アシストTOKYO

こちらは中小企業の資金繰りのサポートをおもな目的として用意されているローンで、「新保証付融資制度」とも呼ばれています。

東京都と地域の金融機関とが連携したうえで実施されているため、条件を満たすとかなり有利な環境で融資を受けることができます。利用の条件は以下の通りです。

・都内に事業所か住居があり、保証対象の業種を営む中小企業者であること。なおこれには農林・漁業、風俗関連営業、宗教法人、非営利団体などは該当しません。中小企業の定義に関しては以下の通りに設定されています。
製造業…資本金3億円以下、従業員300人以下
卸売業…資本金1億円以下、従業員100人以下
小売業…資本金5,000万円以下、従業員50人以下
サービス業…資本金5,000万円以下、従業員100人以下

・当信用金庫と直近12ヶ月の間継続的に融資の取引があること
・税金の未申告・滞納がないこと
・その他要件を満たしていること

何よりも事業規模がポイントとなる

融資額は1,000万円以内。用途は広く事業性資金が該当します。融資期間は証書貸付契約の場合は5年以内、手形貸付契約の場合は1年以内。

利率は固定金利ですが、融資期間によって2種類に分けられます。

3年以内の場合は年2.4パーセント以内、3年超5年以内では2.6パーセント以内。

保証人は法人は代表者全員、個人事業主は不要。第三者保証人は必要ありません。担保も原則不要。

その他のビジネスローン

そのほかでは東京信用保証協会と提携した不動産担保を活用する「あんしん」というビジネスローンもあります。

こちらは融資期間20年以内で2億円までを融資する大口のローンとなっています。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.04~05前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

信用金庫から融資を受けたい人必見!↓

既に信金から借入のある方でも読んでおくと交渉に役立ちますよ。
記事番号 81

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い
申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要
【法人】代表者の連帯保証が必要

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
特集ページ >>続きを読む

これを機にジャパンネット銀行のビジネスアカウントを開設しておきませんか。

法人口座開設の必要書類と審査落ち理由を元銀行員が語る!
ネット銀行なら簡単に作りやすいの?厳しい?

\ 来店不要 /

ファクタリングなら借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化できるのが「ファクタリング」です。

日本では銀行融資以外の資金繰り方法としては手形割引がよく知られていますが、欧米では手形割引きよりファクタリングの方が一般的。

 

しかしファクタリングは業者選びが非常に大切です。
ファクタリング業者は街金レベルで高額な手数料を取るところも多いからです。

 

ファクタリングそのものは違法ではありません。銀行や信金等の金融機関でもファクタリングの取り扱いがあったりもします。

ただし金融機関のファクタリングは複雑な3社間ファクタリングとなり、債務者への通知やスピード現金化の点で劣ってしまい、ファクタリングのメリットが活かせないという面があります。

ファクタリングのメリットを活かしつつ安心して申込ができる会社は、次の2つに絞られます。

資金調達プロ

  1. 法人はもちろん、自営業・個人事業主でも申込が可能
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. ビジネスローン、カードローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  4. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  5. 「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う。
資金調達プロの特集ページ >> 続きを読む

 

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りにお困りの方にはおすすめできるので、特集ページを読んでみてください⇛フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

個人の与信で借りたい方向けカードローン

少しでも低い金利で借りるための確認用→ 銀行融資個人向けカードローン金利一覧表

 

-信用金庫で事業資金融資 運転資金借入

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2020 All Rights Reserved.