法人経営者の個人の与信借入

事業決算が赤字でも個人向けカードローンの審査が通った合同会社代表の話

更新日:

 

40代男性 みりさん

申込時の年齢と年収は? 返済の状況はどうなっていますか?
40代 320万円(合同会社代表)/ まだ返済中です
カードローン申込時のあなたの状況を教えてください

脱サラし、合同会社を設立しました。当初見込みのあった案件が円安の影響で破談となり、急遽別の案件を開拓しようとしましたが、新規で信頼のないベンチャー企業であることから、大型の案件と獲得することができません。その間にも、資本金を食いつぶし生活する日々がすぎました。手元のお金は10万円を切ったあたりから、法人融資も検討しましたが、起業後1年未満で1度も決算をしていない状況で融資を受けられる条件が揃わず、起業1年未満対象の融資も審査が厳しく時間がかかるようでした。同時に個人融資を検討することになり、一時の生活費の予定でカードローンへの申し込みを行いました。

審査や在籍確認の電話連絡はどんな感じでしたか?

カードローンは比較サイト等で情報を見ながら検討しました。その中で自分が住宅ローンで利用している三菱東京UFJ銀行のカードローンがあることを知りました。まず電話で問い合わせをしたところ、住宅ローンのお客様であれば、審査も通りやすく、また融資利率も優遇されるとのことです。すぐにその電話にて申し込みをお願いしました。

翌日には会社への在籍確認が行われました。自分で起業した会社で、社員は私一人なので、特に問題なく済みました。

一番心配だったのは、現在の収入状況です。現状については、電話にて事細かに説明してあります。その実情も踏まえて審査をするとのことでした。

在籍確認の翌日、電話連絡があり、無事に審査が通ったとのことです。その間のやりとりはずっと同じ女性の方で、とても親切に応対してくれました。その間、かなりの質問をしましたが、全てにおいて、丁寧にご回答いただきました。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-法人経営者の個人の与信借入

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.