銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

みずほ銀行で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査 ●

更新日:

資金繰りに活用したいみずほ銀行の事業資金融資
本文 みずほ銀行は国内最大規模のメガバンク、みずほフィナンシャルグループの傘下で事業が行われている都市銀行です。もとは2002年に第一勧業銀行と富士銀行、そして日本興業銀行の分割と合併により生まれたものです。本店は東京都千代田区。店舗数は国内が420店、出張所が39、海外にも23店と11の出張所、駐在員事務所が7ヶ所展開されています(2018年5月現在)。

ハートフル企業向け融資制度「みずほハートフルローン」

高齢者・障害者を積極的に雇用している、ダイバーシティを推進しているといった一定の条件を満たした「ハートフル企業」の資金繰りに利用できるのがこの商品です。融資額は1000万円以上、具体的な金額は審査の結果個別に判断されます。用途は運転資金・設備資金。融資期間は6ヶ月以上でこちらも審査の結果個別に判断される形式です。担保・保証人も審査で決定されます。

シンジゲートローン

事業資金融資の選択肢として大口の融資が可能なシンジゲートローンも用意されています。みずほ銀行を中心に複数の金融機関が参加することでまとまった資金融資を可能にしているもので、みずほ銀行が出資先を集めるアレンジャーの役割を担う形となります。単に大口の資金調達が可能になるだけでなく、企業としての信用が高まる、オーダーメイドでの融資が可能になるといったメリットも得られます。

この融資はあらかじめ窓口に相談に訪れて詳細を確認したうえで判断するとよいでしょう。

みずほエコアシスト

こちらは外部認証の取得、環境報告書の発行など環境に配慮した企業にと認定された事業者(法人・個人事業主)を対象とした融資商品です。利用条件の詳細はホームページや直接問い合わせるなどして確認しておきましょう。融資額は1000万円以上100万円単位で審査の結果決定されます。用途は運転資金・設備資金。融資期間・担保・保証人は審査の結果個別に判断されます。

そのほかには信用保証協会の保証つきの融資、動産を担保に融資を受けられる「みぼす動産活用ローン」、電力会社・企業と提携した「環境配慮型融資商品」などもあります。今後の成長を見込める業種・分野への積極的に融資が目立っています。融資額や担保・保証など個別に審査で判断されることが多いので注意が必要です。

事業向けサービス

融資以外の事業向けサービスでは「でんさいネットサービス」「みずほAdvancedバンク」をはじめとした各種インターネットバンキングサービスがあげられます。非常に幅広いサービスが用意されており事務の効率化・合理化に役立つでしょう。さらに事業承継・財務コンサルティングサービス、海外事業支援やグローバル情報といった国際業務関連のサポート、海外取引におけるリスク軽減、各種法人向けの資産運用なども見逃せません。

 

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、
下記のような意味あいのローンになります。

  • 基本的にパッケージ商品
  • 保証会社の保証付き融資が基本
  • 銀行のプロパー融資とは別

銀行ビジネスローンと銀行プロパー融資の違いについて、もう少し詳しく解説したページはこちら↓
「銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは」

記事番号 106

※金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、当サイト内の最終的な文責は運営者にあります。
また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。↓【参考に】
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.