銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

三菱東京UFJ銀行で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査 ●

更新日:

三菱UFJ銀行で資金繰りに役立つ事業資金融資
本文 三菱東京UFJ銀行は2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併したことによって誕生した「3大メガバンク」の一角を占める銀行です。2018年4月1日から「東京」がとれて三菱UFJ銀行になりました。国内を代表する巨大銀行ということもあり事業資金融資もさまざまな選択肢が用意されています。店舗数は国内で773店、海外に73店(2018年5月現在)。

ビジネスローン「融活力」

三菱UFJ銀行はビジネスローンだけにとどまらない事業資金融資を幅広く用意しており、資金繰りに利用する際には幅広い選択肢のなかから検討していく必要があります。ビジネスローンはこの「融活力」が代表格です。同じ商品名でも提携先によって内容が若干異なるので注意が必要です。

まず商工会議所・商工会メンバーズビジネスローン「融活力」。2年以上の業歴で確定した決算書を2期分提出できる法人企業が利用できるもので、融資額は5000万円以内。用途は広く事業資金で融資期間が原則3年。しかし銀行との融資取引が1年以上ある場合には5年以内まで利用が可能となっています。担保は不要、保証人は法人の代表者が求められます。

ほかには「法人会・納税協会会員向けビジネスローン 融活力」「税理士会提携ビジネスローン 融活力」などもあります。内容は共通している部分が多く、税理士と顧問契約をしているか、商工会議所の会員になっているかどうかなど参加条件をメインにどれが適しているのかを判断していくとよいでしょう。

シンジゲートローン

三菱UFJ銀行では大口の融資を目的にシンジゲートローンも用意しています。当銀行だけではなく幅広い出資先を集めることでより多くの資金を集めることができるこのシンジゲートローン。国内市場において当銀行は最大のシェアを誇っており、この資金調達ではもっとも実績とノウハウに長けている金融機関でもあります。東京・名古屋・大阪に専門部署を設置しており、条件や必要としている資金に応じたローンを組んでいける環境が整っています。まとまった資金が必要になっている場合にはこちらの事業資金融資も検討してみましょう。

さらにもうひとつ。「債権流動化/アセットファイナンス(ABF)」の形での資金調達も行っています。所有している金銭債権を買い取る、売掛金の振り込み実績に連動したファイナンスを提供するなど、より専門的な融資が可能になっているので窓口に問い合わせてみましょう。

事業向けサービス

融資以外の事業向けサービスではまずリスク対策が充実している点が上げられるでしょう。資産が相場リスクによって打撃を受けるのを避けるため、デリバティブ内包型預金をはじめとしたさまざまなサービスが用意されています。そのほか経営相談、国際業務のサポート、事務の効率化に役立つ各種インターネットサービスも見逃せません。

 

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、
下記のような意味あいのローンになります。

  • 基本的にパッケージ商品
  • 保証会社の保証付き融資が基本
  • 銀行のプロパー融資とは別

銀行ビジネスローンと銀行プロパー融資の違いについて、もう少し詳しく解説したページはこちら↓
「銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは」

記事番号 107

※金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、当サイト内の最終的な文責は運営者にあります。
また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。↓【参考に】
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.