銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

新生銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査

更新日:

新生銀?の事業資金調達に有利な融資・借入について

[本文]
■コーポレートローンのプロジェクトファイナンスとは
新生銀行の法人向け融資・借入・事業資金調達サービスをチェックすると、かなり多彩なビジネスローンがあります。事業資金調達はもちろん、同時に多面的なサポートが得られるのも魅力となっています。融資プランはコーポレートローン・シンジケートローン・ローンアレンジの3種類から選ぶことができます。

コーポレートローンは、短期・長期・外貨建てと、細かな条件設定が可能なローン対応を行ってくれますので、中小企業の方にとってはとても利便性が高いのです。新生銀?の法人融資はプロジェクトファイナンスといって、自社の事業収益やキャッシュフローを返済原資にあてるファイナンスシステムになっています。また融資先には、その事業に専門性のあるスタッフが各種アドバイスを行う点がメリットで、より成功率の高い事業展開が期待できるでしょう。いわゆる経営コンサル的なサポート効果が得られるということになります。

また、再生可能エネルギー分野へもファイナンスを行っています。太陽光発電(メガソーラー)や風力発電、バイオマス発電に地熱発電といった事業に、新生銀行が最も強みを持つプロジェクトファイナンスを提供しています。

■新生銀行のシンジケートローンのメリット
新生銀行が他の複数の金融機関と組み、ある企業・事業へと融資を行うサービスがシンジケートローンです。現時点では多くの大手銀行がシンジケートローンを設定しています。どのシンジケートローンも多額の事業資金を集めることが可能ですので、思い切った事業展開が可能になるメリットがあります。また、複数の金融機関と信用関係を築けることも大きな力になるのです。新生銀行は、大手銀行の強みを生かしたアグレッシブな組織結成が可能ですから、企業にとって利用価値が高いと言えるでしょう。

■新生銀行のローンアレンジとは
新生銀行が顧客の委託に基づき、希望する条件の融資を行ってくれる貸出先を探し、ローン設定をサポートするシステムです。基本的に新生銀行が提供する融資プランが不適切でも、個々の希望する条件で借り入れが可能な手段と言えるでしょう。その他にもベンチャー企業向けのファイナンスもありますし、不動産ノンリコースファイナンスや買収ファイナンスも用意されています。

多様な事業資金調達向けの金融プランが提供されていますが、新生銀行ビジネスローンの強みは資金ニーズに合わせた融資メイキングだと言えるでしょう。これから起業するケースでも、または事業拡大や業績回復プランでも、それぞれの事情に合わせた的確なプランと専門家によるアドバイスのもとでアプローチできる点が利点なのです。

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、下記のような意味あいのローンになります。
・基本的にパッケージ商品
・保証付き融資が基本
・銀行のプロパー融資とは別

↑この辺の違いについて端的に解説したページはこちら《《《
 (銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは)

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


アドセンス(サイズ指定)

スポンサー リンク



あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.