銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

ジャパンネット銀行ビジネスローン法人向けと個人事業主向け徹底解説

更新日:

日本には様々なネット銀行がありますが、ほとんどのネット銀行は法人や個人事業主向けのビジネスローンの取り扱いを行なっていません。

しかし、ジャパンネット銀行には4つのビジネスローンの取り扱いがあります。

法人向け・個人事業主向けだけでなく、freeやYahoo!ショッピング・ヤフオク出店舗専用のローンの取り扱いがあり、それぞれ商品内容や審査基準が異なります。

急いでお金が必要となると、ノンバンクのビジネスローンしか連想しない人がほとんどですが、ジャパンネット銀行のビジネスローンを理解しておけば、銀行からでもノンバンク並みのスピードで融資を受けることが可能になります。

ジャパンネット銀行の4つのビジネスローンについて徹底解説を行なっていきます。

Contents

ジャパンネット銀行の法人向け・個人向けビジネスローンの概要

ジャパンネット銀行の基本のビジネスローンになります。

法人向けと、個人事業主向けに商品は分かれてはいますが、融資限度額や金利などの基本的なスペックは変わりません。

そのため、法人向け・個人向けビジネスローンはまとめて解説していきます。

商品スペック

法人向け・個人向けビジネスローンの基本的な商品スペックは以下のようになっています。

融資限度額 500万円まで
金利 4.8%~13.8%
借入期間 1年ごとの自動更新
保証会社 アイフル
保証人 個人向けビジネスローン:なし
法人向けビジネスローン:代表者

上限金利は13.8%ですので、上限金利が15%〜18%程度であることも珍しくないノンバンクのビジネスローンと比較して低金利で借りることができると言えるでしょう。

ただし、信用保証協会が保証する銀行の通常の事業資金などと比較すればやはり金利は高くなってしまいます。

個人向けビジネスローンは必要書類なし

個人向けビジネスローンは必要書類がありません。

本人確認はジャパンネット銀行に口座を作成時に行なっているので、ビジネスローン申込の際には特に何も書類を用意する必要はありません。

後述しますが、ジャパンネット銀行ビジネスローンの大きな特徴の1つが用意する書類が少ないという点で、個人事業主の方は何も書類を用意しなくても申し込むことができ、審査も行なってもらうことができます。

ただし、申込金額が300万円超になる場合には収入証明書の提出が必要になります。

法人向けビジネスローンの必要書類

法人向けビジネスローンに関しては「決算書直近2期分」の提出が必要になります。

ジャパンネット銀行のビジネスローンは5年ごとに更新を行いますが、決算書2期分は更新の都度毎回提出が必要になります。

また、借入限度額が300万円超の場合は毎年の見直しの際に直近決算書の提出を求められることもあります。

法人の方が提出する書類が面倒ですが、これは個人と法人では審査の視点が全く異なるためです。

ただし必要になるのは決算書だけですので、銀行融資の中では用意しなければならない書類は圧倒的に少ないと言えます。

この点については次に解説します。

個人向けビジネスローンの審査基準は信用情報

個人向けビジネスローンでは、確定申告書の提出すら必要ありません。

これは、個人向けビジネスローンの審査においては事業の決算状況ではなく、申込者である個人事業主本人の個人信用情報を基に審査を行なっているということです。

そのため、審査に時間はかかりませんし、必要な書類が何もないのです。

個人向けカードローンと審査の視点はそれほど変わらないということができるでしょう。

信用情報に問題がなければ借りることができる可能性は高くなりますが、信用情報に問題があればいかに事業で良好な決算を出していたとしても借りることは難しくなってしまいます。

法人向けビジネスローンの審査基準は決算書

一方、法人には信用情報などありません。

そのため、決算内容をしっかりとチェックし、ジャパンネット銀行から「返済可能」と判断された企業でないと融資を受けることはできません。

審査はそれほど厳しくはなく、債務超過か赤字の両方が重なっていない限りは融資を受けることができる可能性は決して低くはありません。

法人の場合には審査基準が決算内容になるので、決算書の提出が必要になるのです。

借入方法

借入方法はインターネットから振込依頼を行い、自分名義のジャパンネット銀行口座へ振込を受ける方法のみとなっています。

借入操作後は即時で自分(自社)のジャパンネット銀行の普通預金口座に入金されます。

限度額の範囲内で何度でも借入ができます。

 

ビジネスローン(freee会員専用)の概要

ジャパンネット銀行はクラウド会計ソフトfreeと提携し、free有料会員限定のビジネスローンも展開しています。

free会員専用ローンは商品概要や審査基準が他のビジネスローンとは大きく異なりますので、詳細に説明していきます。

商品スペック

free会員専用ローンの主なスペックは以下の通りです。

融資対象者 クラウド会計ソフトfreee有料会員の法人・個人事業主
融資限度額 50万円~3,000万円
金利 1.45%~13.75%
返済期間 12ヶ月
保証会社 なし
保証人 個人向けビジネスローン:なし
法人向けビジネスローン:代表者

融資対象者はクラウド会計freeの有料会員の法人および個人事業主のみとなっており、freeへ会計情報を提供している事業者のみが融資対象となります。

金利は審査によって異なりますが、審査で決算状況が良好と判断されれば2%を切るような金利で借りることも可能です。

また、法人向け・個人向けビジネスローンと同じように限度額の範囲内まで借入可能ですが、借りた残高は12回以内で返済できるように計算された返済額で毎月返済を行なっていかなければならないという点に注意しましょう。

ビジネスローン(freee会員専用)は必要書類なし

free会員専用ビジネスローンでは必要書類が全く必要ありません。

法人であっても書類が必要ないというのはfree会員専用ビジネスローンの大きなメリットです。

これは審査の方法に特徴があるため、何も必要書類がなくても借入ができるようになっています。

ビジネスローン(freee会員専用)の審査基準はクラウド会計データ

free会員専用ビジネスローンに申し込んだ人は、ジャパンネット銀行がfreeから会計データや決算データを引き出します。

freeからジャパンネット銀行が得た情報で審査を行うので、わざわざ決算書などを審査の際に提出する必要がないのです。

決算書には粉飾決算の恐れがありますが、freeから生の会計データを得ることで、決算書を提出するよりも正確な情報を得ることができますし、何よりも時間がかかりません。

決算書の提出が必要ないからと言って決算内容をチェックしていないということではなく、クラウド会計の生のデータを手に入れることで、より詳細な審査を行うことができるようになっているのです。

借入方法

ジャパンネット銀行のビジネスローンの借入方法はどの商品でも同じです。

ログイン後に振込依頼を行うと、瞬時に自分(会社名義)のジャパンネット銀行口座へ融資金が振り込まれるようになっています。

なお、限度額の範囲内で何度でも借入可能ですが、返済期間はトータルで1年以内になるようにする必要あります。

そのため、限度額の範囲内で追加借入を行なった場合には、毎月の返済額は増えてしまいますので注意しましょう。

 

ビジネスローン(Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向け)の概要

ジャパンネット銀行はYahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのローンも展開しています。

こちらも資金使途、商品概要、融資対象者、審査基準などが他のローンとは大きく異なる商品です。

主な特徴を詳しく解説していきます。

商品スペック

融資対象者 Yahoo!ショッピングまたはヤフオク!に出店している法人・個人事業者
資金使途 Yahoo!ショッピングまたはヤフオク!で販売する物品の仕入資金
融資限度額 3,000万円(10万円単位)
※出店歴18ヶ月未満の場合は1,000万円まで
金利 1.45%~8.20%
返済期間 12ヶ月
保証会社 なし
保証人 個人向けビジネスローン:なし
法人向けビジネスローン:代表者

ビジネスローン(Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向け)は必要書類なし

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンも必要書類は法人でも個人でもありません。

こちらも審査基準が、通常のビジネスローンとは異なるので、わざわざ決算書などを提出する必要はないのです。

審査基準について詳しくは後述します。

Yahoo!ショッピングまたはヤフオク!で販売する物品の仕入資金にしか使用不可

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンは、資金使途が限られており、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!での仕入資金にしか利用することができません。

よほど大きくYahoo!ショッピング、ヤフオク!で販売をしていない限り大きな金額を借りることは難しいと考えた方がよいでしょう。

ビジネスローン(Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向け)はトランザクションレンディング

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンは簡単に言えば、トランザクションレンディングです。

トランザクションレンディングとは、特定のECサイトや決済サービスなどの取引状況や顧客からの口コミを審査に活用する方法です。

Amazonが行うAmazonレンディングなどが代表的ですが、ジャパンネット銀行のYahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けビジネスローンはYahoo!ショッピングやヤフオクでの取引状況が審査の対象になるということです。

実際の生の売り上げデータが審査の基となるので、粉飾の恐れがある決算書よりもより確実な審査を行うことができると近年話題になっている方法です。

そのためYahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンは決算書のなどの提出書類が不要ですし、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者しか借りることができないのです。

ただし、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!の売上状況からおおよその売上の動向を知ることができるうえにYahoo!ショッピングやヤフオクでの仕入資金にしか利用することができないので、よほど大きな売上をYahoo!ショッピングやヤフオクで作っていない限り、高額な借入は難しいと考えた方がよいでしょう。

借入方法

限度額の範囲内で借入自由ですが、1年以内に返済できるように返済額が設定されるという点はfree会員専用ビジネスローンと同じです。

 

ジャパンネット銀行のビジネスアカウントを持っていれば最短で当日審査完了

ジャパンネット銀行には4つのビジネスローンが存在しますが、4つのビジネスローンに共通する特徴としては、WEB完結できること、必要書類が非常に少ないこと、融資までの時間が短いことなどを挙げることができます。

ただし、いずれのビジネスローンに申し込む場合もジャパンネット銀行の時ネスアカウントを作成していることが条件になり、ビジネスアカウントを作成していない場合には、5営業日程度かけてビジネスアカウントを作成してからの融資となるので、手続きには時間がかかってしまいます。

素早く融資を受けるためには、事前にジャパンネット銀行にビジネスアカウントを作成しておくとよいでしょう

ビジネスアカウント作成後の申し込みから融資までの流れは以下のようになります。

WEBから申し込み

ジャパンネット銀行のビジネスローンはWEBからしか申し込むことができません。

会社(個人)情報、業種、業務内容、保険区分、他者借入の有無、銀行取引停止処分の有無、(法人の場合)代表者の個人情報、借入希望額、資金使途、返済希望日を入力するだけの非常に簡単な内容です。

申し込みにはおそらく10分くらいしかかかりませんので、申込手続は非常に簡単です。

法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出

法人向けビジネスローンだけは決算者2期分を提出する必要があります。

メール・FAX・郵送のいずれかでジャパンネット銀行へ提出しましょう。

法人は代表者へ連帯保証手続き

法人の場合には代表者が連帯保証人になる必要がありますので、連帯保証契約の手続きを行います。

WEB上で契約後すぐに利用開始

全ての手続完了後で契約することができ、契約後はすぐに借入をすることが可能になります。

 

ジャパンネット銀行のビジネスローンのメリット

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、銀行の事業資金融資やノンバンクのビジネスローンと比較して以下のようなメリットがあります。

メリットを上手に活用して、ジャパンネット銀行のビジネスローンを事業の資金繰りに活用できるようにしてください。

必要書類が少ない

法人向けビジネスローン以外のビジネスローンは必要書類が何もありません。

事業資金融資には決算書や確定申告書の他にも資金繰り表などの様々な書類の提出が必要になりますが、これらの書類提出の必要がないという点はジャパンネット銀行ビジネスローンの大きなメリットということができるでしょう。

融資までに時間がかからない

ジャパンネット銀行のビジネスローンの審査回答は最短即日です。

事業資金の審査と言えば時間がかかり、銀行の事業資金の審査では1週間程度はかかってしまうのが一般的です。

「急いでお金が必要な場合」「急いで審査結果を知りたい場合」などにジャパンネット銀行のビジネスローンは最適です。

繰上返済手続きが簡単

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、ログイン後の画面で、簡単に繰上返済や一括返済を行うことができます。

また繰上返済や一括返済の際の繰上返済手数料も無料です。

銀行の事業資金を繰り上げ返済する場合には繰り上げ返済手数料がかかることもありますし、返済手続のために銀行へ事前に電話をして打ち合わせをしなければなりません。

ジャパンネット銀行のビジネスローンならこのような手間も費用もかからないので、返したい時に返したい金額を自由に返済することが可能になります。

銀行の格付けが下落しない

ノンバンクのビジネスローンも同じように高金利で限度額の範囲内で使い道が自由で、返済も自由となっていることが一般的です。

しかし、ノンバンクのビジネスローンを借りていることが銀行にバレてしまうと、銀行の格付けが下落する可能性があります。

銀行はどうしてもノンバンクを下に見ていますので「ノンバンクからお金を借りているということはよほど資金繰りに困っている」などとネガティブに評価され、次の融資に悪影響することがあります。

ジャパンネット銀行は銀行ですので、ノンバンクからビジネスローンを借りるよりも既存取引銀行の評価が下落しにくいという特徴があります。

Yahoo!ショッピングやヤフオクの利用では債務超過でも借りることができる可能性がある

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローンでは決算書をチェックしません。

そのため、決算書では債務超過になっている企業でもYahoo!ショッピングなどでの売上実績が良好であれば、「優良店舗」と判断されてお金を借りることができる可能性があります。

銀行などから融資を断られてもジャパンネット銀行であればYahoo!ショッピングやヤフオクなどでの仕入資金を借りることができる可能性があるのです。

 

ジャパンネット銀行ビジネスローンのデメリット

ジャパンネット銀行のビジネスローンは融資までに時間がかからず、必要書類が少ないというメリットがあるものの、やはり金利の高さはデメリットです。

デメリットを理解して、短期間だけの利用に止めるなど上手に付き合っていく必要がありそうです。

金利が高いので設備資金には不向き

どのビジネスローンも銀行の事業資金融資と比較すれば金利は高くなってしまいます。

銀行の事業資金の金利は2%~4%程度で、制度資金であれば2%を切ることも珍しくありません。

Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのビジネスローン以外には事業資金であれば何に使っても自由ですが、金額が大きくなる設備資金などに借りるのは不向きということができます。

あくまでも短期的な運転資金の借入に利用するようにしましょう。

個人事業主は個人信用情報に問題があると借りられない

前述したように、個人事業主が借りることができる個人向けビジネスローンは個人信用情報が審査されます。

これは、確定申告書を提出する必要がないというメリットはあるものの、個人信用情報に問題がある場合には借りることができないということです。

銀行の事業資金は全くの逆で、個人信用情報に問題があっても確定申告書に問題がなければ個人事業主は事業資金を借りることができます。

個人信用情報に問題がある個人事業主はどんなに確定申告書の内容が良好であっても、そもそも確定申告書は審査されないため、借りることができません。

審査材料が個人信用情報に偏ってしまうというのはデメリットだと言えると思います。

 

まとめ

ジャパンネット銀行には4つのビジネスローンがあり、それぞれ申し込むことができる事業者や、審査の視点が全く異なります。

必要書類が非常に少なく、融資までのスピードも速いので、特にfreeの有料会員やYahoo!ショッピングやヤフオクの出店者の方は枠だけ作成しておいて損はないでしょう。

商品ごとの特徴や違いをよく理解し、自社に最適なビジネスローンを選択しましょう。

資金繰ラウンジ編集長のこくもち(黒餅)
当ブログでは金融機関に勤務経験のある方(現在及び過去含む)やファイナンシャルプランナーなど専門的な知識・知見を持っている人に一部記事の執筆・監修をお願いしておりますが、最終的な文責は運営者にあります。また当サイト内の広告に上記の方々は関与しておりません。

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年3.10%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

※ただしノンバンクから借入すると銀行や信用金庫といった金融機関はどのように見るかということは、経営者・事業主として理解しておく必要があります。
【参考に】↓
急ぎの資金繰りでノンバンクから借入した事業者を信用金庫はどう見る?
信金との融資取引継続のためにすべきことは?

 

\ 最短即日融資 来店不要 /

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資した話題のフィンテック企業で、融資審査にAIを活用したAIスコア・レンディングを行なう会社です。

AIスコア・スコアレンディングとは、AIが点数化した点数(スコア)に基づき融資額や金利を決定する融資で、審査の主体が銀行内部の判断ではなくAIによるという点が、これまでのローン審査とは全く異なります。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
年0.8%~12.0%
1,000万円
不要

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング特集ページ >>続きを読む

AIスコア・スコアレンディングの仕組みそのものを理解しておきたい人は、
下記の特集ページへ↓どうぞ。
スコアレンディングとは?意味と仕組みと融資借入審査の評価内容

J.Score(ジェイスコア)が おすすめの理由は3点

  1. 金利が年0.8%~12.0%と、個人向けカードローンの中(金利一覧表)では最低金利だけでなく上限金利も低いのが魅力。
  2. これまでの銀行融資とは異なる視点で審査を行うため、今まで銀行融資では少額しか借りることができなかった人でも限度額増額で融資を受けられる可能性もあり。
  3. 中小零細企業経営者や個人事業主は表立っては言いませんが、実はいざという時に個人向け融資のキャッシングやカードローンで凌ぐ人は多い。なので、急ぎでも使える即日融資ありなJ.Score(ジェイスコア)は使い勝手が良い。

みずほ銀行の口座を持っている人や、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANのユーザーが個人向けカードローンの借入を考えているなら、J.Score(ジェイスコア)を最初に選ぶべき。

なぜなら、ユーザー情報を連携させれば貸付利率(実質年率)がさらに0.1%引下げ。
AIスコアが良ければ最大0.3%引下げの可能性も
あって、他のカードローンと比べてもともと低金利志向だったのが更に金利が下がるというこの利点を見逃すのはもったいないからです。

※あくまで経営者や個人事業主の個人の与信で借りる形ですので、事業資金・運転資金としての計上利用はできません。

\ 実質年率0.8%~12.0% /

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 事業ローンで資金繰り , 2019 All Rights Reserved.