銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

ソニー銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査 ●

更新日:

ソニー銀行では事業資金融資は利用できる?
本文 ソニー銀行はソニーホールディングス傘下で運営されている金融機関です。インターネット銀行の一種で2001年にソニーと三井住友銀行の共同出資で開業されました。他のインターネット銀行が低コストを重視したサービスを展開しているのに対して当銀行は資産管理を重視した内容となっており、外貨預金などの各種資産運用の選択肢が充実しているのが特徴です。

個人向けのサービスが基本

残念ながらソニー銀行では事業・法人用のサービスはなく、法人・屋号での口座開設にも対応しておりません。あくまで個人名義で口座を開設してサービスを利用することになるため、個人事業主や法人の代表者、役員に向いた銀行となりそうです。

当然資金繰りに使えるような事業資金融資は用意されておらず、企業向けのサービスもありません。ただし冒頭でも触れたように資産運用の選択肢が充実しているので個人事業主にとってはメリットが大きいでしょう、また外貨送金のサービスも充実しており、海外ビジネスを展開している場合もメリットが期待できます。

さらに手数料が大きなメリットになっており、セブン銀行やイオン銀行といった他のインターネット銀行やゆうちょ銀行など多くの銀行ATM手数料が無料となっており、お金の入金・出勤のコストを最小限に抑えることができます。使用するATMによって無料の条件が異なっており、セブン銀行とイオン銀行では回数無制限で無料、イーネット、ローソンのATMでは月4回まで無料で利用できます。

資産運用に比べて融資商品は少なく住宅ローンとカードローンの2種類があるのみ。カードローンでは18種類の融資額の選択肢の中から選び、限度額の範囲内なら何度でも繰り返し利用することができます。このサービスでもコンビニATMの手数料負担が少なく、繰り返し使いやすい点が大きなメリットになっています。あくまで個人向けですが、サービスそのものはかなり充実しているといえるでしょう。

 

記事番号 116

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.