銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

ソニー銀行で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査 ●

更新日:

ソニー銀行では事業資金融資は利用できる?
本文 ソニー銀行はソニーホールディングス傘下で運営されている金融機関です。インターネット銀行の一種で2001年にソニーと三井住友銀行の共同出資で開業されました。他のインターネット銀行が低コストを重視したサービスを展開しているのに対して当銀行は資産管理を重視した内容となっており、外貨預金などの各種資産運用の選択肢が充実しているのが特徴です。

個人向けのサービスが基本

残念ながらソニー銀行では事業・法人用のサービスはなく、法人・屋号での口座開設にも対応しておりません。あくまで個人名義で口座を開設してサービスを利用することになるため、個人事業主や法人の代表者、役員に向いた銀行となりそうです。

当然資金繰りに使えるような事業資金融資は用意されておらず、企業向けのサービスもありません。ただし冒頭でも触れたように資産運用の選択肢が充実しているので個人事業主にとってはメリットが大きいでしょう、また外貨送金のサービスも充実しており、海外ビジネスを展開している場合もメリットが期待できます。

さらに手数料が大きなメリットになっており、セブン銀行やイオン銀行といった他のインターネット銀行やゆうちょ銀行など多くの銀行ATM手数料が無料となっており、お金の入金・出勤のコストを最小限に抑えることができます。使用するATMによって無料の条件が異なっており、セブン銀行とイオン銀行では回数無制限で無料、イーネット、ローソンのATMでは月4回まで無料で利用できます。

資産運用に比べて融資商品は少なく住宅ローンとカードローンの2種類があるのみ。カードローンでは18種類の融資額の選択肢の中から選び、限度額の範囲内なら何度でも繰り返し利用することができます。このサービスでもコンビニATMの手数料負担が少なく、繰り返し使いやすい点が大きなメリットになっています。あくまで個人向けですが、サービスそのものはかなり充実しているといえるでしょう。

 

記事番号 116

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

\ 最短即日融資 来店不要 /

三井住友カードゴールドローン

クレジットカードの三井住友カードとは違い、あまり知名度が高くないのが三井住友カードゴールドローン。

ですが、実は知る人ぞ知る「経営者・個人事業主に人気のカードローン」なんですよ。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
3.5%~9.8%
700万円
不要

三井住友カードゴールドローンの特集ページ >>続きを読む

人気の理由は3点

  1. 券面がクレジットカードのゴールドカードと同じように見えるので、持っていても消費者金融系とバレにくい。
  2. 経営者は一般個人の人より金利にシビア。上限金利が低いことの意味・重要さを理解しているので、上限金利がひと桁台になるゴールドローンは、ふた桁台が普通の一般の個人向けカードローンより実利が多いことも知っている。
  3. いざという時にカードローンで凌ぐ中小零細企業経営者や個人事業主は実は多い。なので、実際に使った時期の積み重ねによる「適用利率引き下げサービス」のありがたさを経営者や個人事業主は理解している。

\ 実質年率4.5%~9.8% /

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 【資金繰りラウンジ】事業ローンと銀行融資で事業資金の借入 , 2018 All Rights Reserved.