銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

楽天銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査 ●

更新日:

楽天銀行で事業向けサービスを利用する
本文 楽天銀行はもともとイーバンク銀行として知られていたネット銀行で2010年に現在の名称に変更されました。楽天株式会社の子会社として運営されています。イーバンク時代は日本で2番目のネットバンクとして創業するなどネット上でのサービスでのノウハウに長けており、個人はもちろん法人を対象としたサービスも充実しています。

事業資金融資はないけれど…

インターネット銀行はおもに個人用のサービスを提供していることもあって事業用の融資商品は多くありません。この楽天銀行でも同様で資金調達の選択肢として役立つ事業資金融資は用意されていません。ただだからといって法人の利用には適さないというわけではなく、資産運用をはじめとしたさまざまな目的で利用が可能です。

まず法人名義での口座開設が可能で「法人ビジネス口座」が専用に設けられています。最大の特徴は振り込み手数料が非常に割安なことで、楽天銀行内での振り込みなら税込み51円で利用できます。しかも法人口座の開設も非常に簡単でWeb上で申しこんだうえで必要書類を郵送するのみ。ほとんどの手順をネット上で行えます。

また、「口座管理プラス」を利用すれば複数の口座を所有している場合でも同じIDで利用でき、逆に企業内の担当者別にしてIDを発行し、利用上の権限を効率的に管理することも可能です。セキュリティ強化によって可能になったサービスなのでこれまで口座の管理に苦労していた法人にとって非常に大きなメリットになるはずです。

楽天銀行といえばネットショップをはじめとしたインターネットビジネスで有名ですが、この楽天市場でビジネスを行う際にも法人ビジネス口座を開設・利用するとセキュリティ管理や海外送金のコスト削減といった特典を受けることも可能です。使い方ひとつで事業者にもいろいろなメリットが得られるネット銀行といえるでしょう。

 

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、
下記のような意味あいのローンになります。

  • 基本的にパッケージ商品
  • 保証会社の保証付き融資が基本
  • 銀行のプロパー融資とは別

銀行ビジネスローンと銀行プロパー融資の違いについて、もう少し詳しく解説したページはこちら↓
「銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは」

記事番号 117

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.