銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

住信SBIネット銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査 ●

更新日:

住信SBIネット銀行で事業資金融資は利用できるか?
本文 住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行、そしてSBIホールディングスが共同出資するネット専業の銀行です。SBI証券との連携を行っており、銀行と証券の両方を利用できるサービス内容になっているのが大きな特徴です。一般のネット銀行は個人向けのサービスが多いのに対してこちらは法人の利用が多く見られます。

事業資金融資はある?

住信SBIネット銀行では法人名義の口座開設も可能で事業者の資金繰りに役立つ事業資金融資も用意されています。しかも当銀行で口座を開設している法人のうち約半数が会社設立後1年以内の創業期。資金繰りが厳しく、人材面も含めて経営の効率化が求められている時期に役立つサービスが充実している点が高く評価されています。

事業資金融資は当銀行の口座を開設したうえで一定期間利用している法人が利用可能で、融資額は最大3000万円。特徴とは金利が固定金利に設定されている点で、年1.999パーセント~7.999パーセントの範囲内で審査の結果決定されます。融資期間は最長4ヵ月未満、7ヵ月未満、13ヶ月未満のうちから選ぶことが可能です。担保・保証人はいずれも不要です。

便利な事業向けサービス

口座を利用していると毎月借り入れ利率の知らせが届けられるのでよいタイミングを見計らって融資を申しこむのに便利です。またネット銀行の最大のメリット、割安な手数料も充実しており、住信SBIネット銀行同士の振込みなら51円、しかも口座開設費の当月・翌日は振り込み手数料が月10回分無料になります。

安全・スピーディーな海外送金サービス、万全なセキュリティなど、日々の業務の中で安全・便利に利用できるサービスも備わっています。社内で複数のユーザー登録を行うことで権限の管理・設定も簡単にできる点も魅力です。

 

記事番号 118

 

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.