銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

オリックス銀行で事業資金の融資借入・事業ローン金利と審査 ●

更新日:

オリックス銀行で事業資金融資を探す
本文 オリックス銀行はオリックス傘下の信託銀行、もともとは山一證券の信託子会社だったものがこの證券の廃業に伴いオリックスに譲渡されて現在の経営状況になりました。店舗がないいわゆるインターネット銀行ですが、ローンプラザと呼ばれる出張所が設けられているのが大きな特徴です。

事業資金融資が利用可能

ネット銀行系では事業者向けの融資商品がないところが多いのですが、オリックス銀行では法人向けのサービスも充実させており、運転資金・設備資金ともに資金調達に利用することができます。特定のビジネスローンを展開しているのではなく、個別の対応で融資額や融資期間、金利などを決定しているのが大きな特徴です。

ただし当銀行の資金調達を利用する場合にはいくつかの注意点があります。まずエリア。ネットでのサービスをメインにしていますが、融資先には以下のエリアが設定されています。

・東京や千葉、また埼玉や神奈川の首都圏
・大阪や兵庫、京都、そして奈良に滋賀、さらに和歌山の近畿圏
・福岡県とその周辺部の福岡圏

この中で注意が必要なのは福岡圏でしょう。営業エリアの定義にはもうひとつ「東京・大阪・福岡の中心部までバスや電車といった公共の交通機関を使って1時間以内の範囲」も設けられているのでギリギリのエリアで事業を行っている方はよく確認したうえで申し込みを検討したいところです。

そのほかにはインターネット取引専用の「eダイレクト預金」、通販型ながら証書を発行している「ダイレクト預金」など事業用の預金サービスが充実しています。さらに企業の資産運用の一環として「eダイレクト金銭信託」があり、ネット上で資産運用を行っていくこともできます。この点は事務の効率化・合理化という点からも見逃せない事業向けサービスといえるでしょう。

 

記事番号 122

急ぎの資金繰りに使える<安全安心な会社>特集

ビジネクスト

ノンバンクというとピンからキリまでありますが、ビジネクストは東証一部上場アイフルのグループ会社なので安心感が抜群。

1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネクストの特集ページ  >> 続きを読む

ビジネクストが資金繰りに安心して使える理由5点

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 東証一部上場アイフルのグループ会社という安心感

\ 最短即日融資 来店不要 /

三井住友カードゴールドローン

クレジットカードの三井住友カードとは違い、あまり知名度が高くないのが三井住友カードゴールドローン。

ですが、実は知る人ぞ知る「経営者・個人事業主に人気のカードローン」なんですよ。

 

実質年率 限度額 担保・保証人
3.5%~9.8%
700万円
不要

三井住友カードゴールドローンの特集ページ >>続きを読む

人気の理由は3点

  1. 券面がクレジットカードのゴールドカードと同じように見えるので、持っていても消費者金融系とバレにくい。
  2. 経営者は一般個人の人より金利にシビア。上限金利が低いことの意味・重要さを理解しているので、上限金利がひと桁台になるゴールドローンは、ふた桁台が普通の一般の個人向けカードローンより実利が多いことも知っている。
  3. いざという時にカードローンで凌ぐ中小零細企業経営者や個人事業主は実は多い。なので、実際に使った時期の積み重ねによる「適用利率引き下げサービス」のありがたさを経営者や個人事業主は理解している。

\ 実質年率4.5%~9.8% /

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 【資金繰りラウンジ】事業ローンと銀行融資で事業資金の借入 , 2018 All Rights Reserved.