銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

オリックス銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査 ●

更新日:

オリックス銀行で事業資金融資を探す
本文 オリックス銀行はオリックス傘下の信託銀行、もともとは山一證券の信託子会社だったものがこの證券の廃業に伴いオリックスに譲渡されて現在の経営状況になりました。店舗がないいわゆるインターネット銀行ですが、ローンプラザと呼ばれる出張所が設けられているのが大きな特徴です。

事業資金融資が利用可能

ネット銀行系では事業者向けの融資商品がないところが多いのですが、オリックス銀行では法人向けのサービスも充実させており、運転資金・設備資金ともに資金調達に利用することができます。特定のビジネスローンを展開しているのではなく、個別の対応で融資額や融資期間、金利などを決定しているのが大きな特徴です。

ただし当銀行の資金調達を利用する場合にはいくつかの注意点があります。まずエリア。ネットでのサービスをメインにしていますが、融資先には以下のエリアが設定されています。

・東京や千葉、また埼玉や神奈川の首都圏
・大阪や兵庫、京都、そして奈良に滋賀、さらに和歌山の近畿圏
・福岡県とその周辺部の福岡圏

この中で注意が必要なのは福岡圏でしょう。営業エリアの定義にはもうひとつ「東京・大阪・福岡の中心部までバスや電車といった公共の交通機関を使って1時間以内の範囲」も設けられているのでギリギリのエリアで事業を行っている方はよく確認したうえで申し込みを検討したいところです。

そのほかにはインターネット取引専用の「eダイレクト預金」、通販型ながら証書を発行している「ダイレクト預金」など事業用の預金サービスが充実しています。さらに企業の資産運用の一環として「eダイレクト金銭信託」があり、ネット上で資産運用を行っていくこともできます。この点は事務の効率化・合理化という点からも見逃せない事業向けサービスといえるでしょう。

 

記事番号 122

メインLPへ誘導



緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  
「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」特集ページへ

-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.