銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

四国銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査

更新日:

事業資金の資金調達のための地銀を利用!四国銀行の融資、借入

[本文]
中小企業、個人事業主さんに魅力の地方銀行、四国銀行の融資、ローンとは?

中小企業、個人事業主にとって、資金調達はこれからの事業計画を左右する大事な仕事の一つです。しかも現在、日銀のマイナス金利政策があるために銀行は事業資金を民間に融資したいという現状があります。いま資金繰りに困っている事業者の方は借入のチャンスでしょう。有利な金利で融資を勝ち取るために、様々な銀行でどれだけの有利な条件を引き出せるかがポイントです。

いままで四国銀行は、おもに地元の中小企業や個人事業主の融資を行っているのが普通でしたが、いまの金融政策のなかで地元以外の財務状況のよい、もしくはこれからの事業発展の可能性がある企業に盛んに働きかけを行っています。すでに地元というよりも全国の中小、小規模事業主に営業をかけています。名刺を渡されて、四国銀行?と驚く人もいらっしゃるかもしれません。東京などに支店を構えてもいます。

四国銀行の融資条件と融資プランについて

四国銀行の融資のラインナップとしては、かなり多彩なものがあります。やはり融資を受けるのに事業計画書や財務諸表などの書面の提出を求められることはありますが、成長分野応援融資は成長基盤強化のために投資する1千万以上の融資で、融資期間は1年以上あります。また事業期間が2年を超えていて、決算を2期終えている事業者さんにパートナー税理士との連携で運転、設備資金を融資しやすくするプラン、3000万までの税理士パートナーローン、TKC全国会の会員税理士が関与するTKC提携融資は限度額3000万まで、運転資金は5年、設備資金は10年の期間が設定されています。

それから事業者の皆さんにはより有利な金利のローンとして魅力なのが、日本政策金融公庫からの融資です。中小企業や小規模事業者の皆さんをサポートするための融資が多く、これから事業を始めたい人、始めてから1年以内の人にぴったりです。しかし、多くの書面の提出が必要など、その手続きはかなり時間がかかったり複雑なので、四国銀行ではその手続きを応援するプランがいくつかあります。創業前でも創業後でもそれぞれ条件にあったものを借入ができます。日本政策金融公庫の融資の基本プランを原則として、事業計画書の作成など提携税理士などがその手続き等をお手伝いします。

四国銀行の魅力的で個性的な融資プラン

そのほか、かなり個性的なプランとしては、防災対策融資、それから節電対策融資、農業応援融資、ビジネスローンサポートI、これは担保や第三者保証人不要で3000万円まで融資してもらえるかなり好条件のプランです。そのほか事業主さんにうれしい機械担保ローン、TKC戦略経営者ローンなどがあります。それぞれの事業主さんの条件にぴったり合うローンが見つかるかもしれません。

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、下記のような意味あいのローンになります。
・基本的にパッケージ商品
・保証付き融資が基本
・銀行のプロパー融資とは別

↑この辺の違いについて端的に解説したページはこちら《《《
 (銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは)


緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑クリックで特集&申込ページへ




-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.