銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

琉球銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査 ●

更新日:

琉球銀行で資金繰りに利用できる事業資金融資本文琉球銀行は戦後アメリカ統治時代に設立された少々特別な経緯を持つ地方銀行です。沖縄県の指定金融銀行を沖縄県と隔年で受託しており、そのほか県内の多くの自治体においても指定金融銀行となっています。店舗数は76店(2018年4月現在)。

順風満帆

スピーディーな融資が魅力の事業資金融資がこの「順風満帆」です。急な資金繰りが必要なときはもちろん、まとまった資金を確保したいときなど幅広いケースで活用できる商品となっています。同一事業1年以上営んでいること、直近の決算書を法人では2期分、個人事業主は1期提出できることが条件です。

融資額は8000万円。用途は運転資金・設備資金。かなり多く融資を迅速に受けることができるのでとても便利です。融資期間は運転資金の場合は7年以内、設備投資は10年以内。なお運転資金の場合でも他の金融機関からの借入れの借り換えに利用する場合には10年の設定が可能です。担保は不要、沖縄県信用保証協会の保証付での融資となっており、保証人は法人が代表者および代表権を持つ役員、個人事業主は原則不要です。

機動力5000

こちらは営業用車両を担保にしたうえで融資を受けることができる事業資金融資です。不動産など担保にできる物件がなくなかなか資金調達ができずに悩んでいる中小企業・個人事業主に役立つでしょう。同一事業で1年以上の業歴を持つ法人、個人事業主が対象です。

融資額は5000万円以内、ただし担保になる車両の査定金額の範囲内となるため、実際にはここまでの融資額にならないことが多くなるので気をつけましょう。用途は運転資金・設備資金に加えて車両を購入する資金にも利用できます。ただしその車両を転売、リースなどを目的に購入する場合には対象外です。

融資期間は用途を問わず7年以内。担保は営業用車両ということになるわけですが、トラック・バス・バンなどが対象となります。乗用車やタクシー、建機など一部の車両は対象外になることもあるので気になる場合には直接問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

そのほかにはATMでの利用が便利な「りゅうぎん事業者カードローン 事速500」、創業、新事業に必要な資金を融資する「ベストサポート」などもチェックしておきたい融資商品です。

事業向けサービス

そのほかでは各市町村の制度融資を取り扱っているほか、事務の効率化・合理化に役立つ各種インターネットバンキングサービスがあります。「でんさいネット」「Btoバンク」を活用することで日常の煩瑣な事務を大幅に簡略化できるでしょう。さらにカード決済に関わるサービスを提供する「りゅうぎんカード加盟店サービス」なども見ておきたいところです。

 

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、
下記のような意味あいのローンになります。

  • 基本的にパッケージ商品
  • 保証会社の保証付き融資が基本
  • 銀行のプロパー融資とは別

銀行ビジネスローンと銀行プロパー融資の違いについて、もう少し詳しく解説したページはこちら↓
「銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは」

記事番号 61


緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑特集&申込ページへ


あなたの立場・状況に合わせて選択してください

金融革命フィンテック活用を活用した次世代融資

個人ローンの審査をAIが行なうスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、
日本でも【J.Score(ジェイスコア)】が日本初のスコアレンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行なうため、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、または審査に通らなかった人でも融資を受けることができる可能性があります。

しかも驚きの低金利融資!なんと年0.9% ~ 12.0%
限度額は最大1,000万円で最短30分融資。
ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したスコアレンディングを行なうための会社ということで運営母体も安心です。  

「ジェイスコアのAIスコア・レンディング」
特集ページへ

-銀行融資(メガバンク 地銀 ネット銀行)

Copyright© 事業資金 融資借入 資金繰りラウンジ , 2018 All Rights Reserved.