銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

大光銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査

更新日:

大光銀?たいこう信用保証協会保証付無担保当座貸越は資金調達が簡便

[本文]
日本では取引1回ごとに代金を請求するのではなく、1カ月分をまとめてから取引先に請求し、それから相手先が支払いをする掛け売りという習慣があります。掛け売りで売った代金を売掛金といい、製品を納品してから代金回収までタイムラグがあるのが普通です。日本では、いろいろな事業所が協力して完成品を作っていることが多く、取引先からの代金回収が遅れると、資金調達に支障をきたし事業運営に行き詰まってしまうこともあります。このような時に重宝するのが大光銀?のたいこう信用保証協会保証付無担保当座貸越「レッツ5」です。

■たいこう信用保証協会保証付無担保当座貸越:レッツ5(ゴー)

無担保で第三者保証人がいらず、契約極度額まで当座から自社のお金と同じようにいつでも引き出せ、随時返済が可能です。契約限度額は最高5000万円で、借入の度に契約書を作ったり印紙を貼る必要がありませんので、時間と費用の節約ができます。法人でも個人事業主でも利用できますが、以下の要件を満たしている必要があります。
・営業歴3年以上
・大光銀?との貸出取引が6カ月以上
・直近2年間のどちらかで経常利益を計上できている
・自己資本比率が直近決算で10%以上
・年商が直近決算で3000万円以上
融資限度額は、直近決算書で計算した平均月商の2カ月分で、500万円から100万円単位で設定し、最高5000万円です。

■フレックスカード

最初に融資限度額を大光銀?との間で設定し、融資限度額の範囲内ならカード1枚で夜でも土日でも必要な時に必要なだけ事業資金の借入ができます。毎月の最低返済額と返済日は決まっていますが、代金回収ができた時点ですぐに入金して返済することも可能です。融資限度額は100万~2000万円の範囲で設定、契約期間は1年または2年で、更新も可能です。日本政策金融公庫からの融資に比べると金利は高めですが、1度契約すれば、借入れる資金の使い道についていちいち説明する必要もなく、随時返済が可能ですので、数日間のつなぎ融資としても重宝します。カードではなく専用借入請求書を使って2億8000万円までの借入が可能なフレックスⅡもあります。

■たいこうminiカードローン:miniカード

事業資金として創業当初から当座貸越で活用できるカードローンです。契約限度額は低めですが、それでも消費者金融で契約するよりもずっと多く借りられます。大光銀?のレッツ5・フレックスカード・フレックスⅡを契約していない従業員20人(商業とサービス業の場合は5人)以下の小規模企業や事業所が対象です。創業1年未満で申し込む際には、事業発展が見込める創業計画書と事業を開始していることを銀行が確認できる書類が必要です。創業してから1年以上経過している場合は、今後の事業発展が見込めることと直近2年間の決算のいずれかで利益を計上していることが要件です。

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、下記のような意味あいのローンになります。
・基本的にパッケージ商品
・保証付き融資が基本
・銀行のプロパー融資とは別

↑この辺の違いについて端的に解説したページはこちら《《《
 (銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは)


緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑クリックで特集&申込ページへ




-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.