銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

トマト銀行の事業資金融資・運転資金借入金利・ビジネスローン審査

更新日:

トマト銀行で融資を受ける

トマト銀行とは

トマト銀行は昭和6年から岡山県を中心に店舗を構えている金融機関です。中小企業への融資も積極的に行っており、地域の経済的・文化的満足を提供することを企業理念として活動をしています。

また目まぐるしく変化する環境の中で、自らの限界に挑戦をし続けている事業体への活動を多面的に支援を行っています。

Jリーグクラブであるファジアーノ岡山のスポンサーでもあり、地域密着型の理念を体現しています。トマト銀行の主な商品としては、事業資金確保のためのビジネスローンがあります。

トマト・ビジネスクイック500

個人事業主向けのローンで事業資金・消費資金の両方に利用が可能で融資可能な金額は10万円から500万円となります。所得証明や確定申告書等の提出は不要で担保・保証人ともに不要です。このため審査に時間がかからないのでスピード回答が可能になっています。

利用期間は6か月以上10年以内となっていてクレディセゾンが保証会社です。必要な書類は本人と確認できるものの他に印鑑と普通預金の通帳などです。個人事業主であれば事業を行っていることがわかる資料が必要です。

トマト・ビジネスサポートローンⅡ

「はばたき」と「かがやき」の2種類があります。はばたきは法人・個人事業主が対象でかがやきは法人のみ対象としています。どちらも融資期間が10年以内となっていますが、借入することが出来る金額が異なります。

はばたきが5000万円以内であるのに対してかがやきは1億5000万円以内の借入が可能となっています。岡山県信用保証協会保証が付いてきます。

トマト機械担保融資

3年以上継続して同一事業を営んでいる法人が対象で、資産の新規購入資金として、または事業資金としての利用が可能です。

1000万円以上1億円以内の融資を受けることが出来て、期間は5年以内となっています。興銀リース株式会社が保証会社となり保証人は保証会社の定めるところになります。

トマト農業サポートローン

農業を営んでいる法人または個人事業主が対象で、農業に必要な資金としての使用が認められています。事業資金としては100万円以上500万円以内、設備資金なら100万円以上1000万円以内で、原則担保は不要なものです。

日本政策金融公庫のスーパーL資金を借入する法人と個人事業主が対象で、一般型のものと合算して1000万円を限度額としています。

選択肢があることによって資金調達に困ることはありません。安心して融資を受けることが出来ると言えます。

利払いは手形貸し付けでは利息一括前払い、証書貸し付けであれば次回元金返済日までの利息前払いとなっています。無理な借入だけは禁物です。

銀行のビジネスローンはいわゆる銀行融資と別物!

銀行のホームページに掲載されている事業者ローンやビジネスローンは、下記のような意味あいのローンになります。
・基本的にパッケージ商品
・保証付き融資が基本
・銀行のプロパー融資とは別

↑この辺の違いについて端的に解説したページはこちら《《《
 (銀行の事業者ローン・ビジネスローンとは)


緊急 急ぎの資金繰り融資情報※特集

こくもち
理想は銀行や信金から借りることですが、止む得えない場合はノンバンクやファクタリングの検討も必要かと。

急ぎの資金繰り方法→ 事業資金即日の銀行融資とノンバンク借入を比較
緊急の資金繰りにファクタリング

↑↑↑クリックで特集&申込ページへ




-銀行融資(メガバンク/地銀/ネット銀行)

Copyright© 【 僕らの資金繰りラウンジ 】事業資金の融資借入 , 2018 All Rights Reserved.