【 僕らの事業資金ラウンジ 】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の2017年最新情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で資金繰り

銀行融資&事業性資金ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】

不動産賃貸業/アパート・マンション経営

では、不動産投資によって相続対策ができるというのはどのようなことなのでしょうか?

更新日:

では、不動産投資によって相続対策ができるというのはどのようなことなのでしょうか?

例えば、預金や有価証券を保有していた場合には、100%が相続対象となります。

自家用の土地の場合には、路線価という値段が課税対象となります。

路線価は通常、公示地価の8割程度です。

また、自家用建物の場合には、固定資産評価額が課税対象となり、この場合には5~6割程度の価格が相続税の課税対象となるといわれています。

法定相続人の数が3人の人の相続税非課税枠は3,000万円+600万円×3人=4,800万円です。

この人が3,000万円の預金、自家用土地が2,000万円、自家用建物を1,000万円所有していた場合の課税対象の資産は以下のようになります。

預金(3,000万円)+土地(2,000万円×8割=1,600万円)+建物(1,000万円×5割=500万円)=5,100万円

5,100万円-基礎控除額(4,800万円)=300万円に相続税が課税されることになります。

 

しかし、賃貸用の土地と建物は自家用の土地建物よりも相続税の資産評価の際に有利になります。

一般的に土地は6~7割、建物は3~4割となります。

また、借金の額は債務控除と言って、資産から差し引くことができます。

仮に、3,000万円の預金、8,000万円の土地を保有している人が賃貸物件を建築しない場合に基礎控除前の相続税の査定額は以下のようになります。

預金(3,000万円)+土地(8,000万円×8割=6,400万円)=9,400万円

基礎控除があったとしても、5,000万円程度は課税対象となってしまいます。

 

この人が5,000万円の借金をして資産価値5,000万円のアパートを8,000万円の土地に建設した場合にはどのようになるのでしょうか?

預金(3,000万円)+土地(8,000万円×6割=4,800万円)+アパート(5,000万円×3割=1,500万円)-債務控除(5,000万円)=4,300万円

この場合、アパートを借金で建築したことによって、相続税の課税対象額は半分以下の5,000万円以上減額されました。建物という資産が増えても、土地の価格の減額幅が大きいため、実質的にはほぼ借金の分だけ資産が減額されたことになります。

これが不動産投資を借金によって行うことによる節税効果で、相続税の基礎控除縮小後、多くの人が利用しています。

これも、不動産投資が伸びている原因の1つです。

 

自用 賃貸
土地 8割程度 6~7割
建物 5~6割程度 3~4割

 

投稿者プロフィール

元銀行マン・敏腕さん
元銀行マン・敏腕さん
地方銀行に10年ほど勤務し、ファイナンシャルプランナー、証券外務員の資格を有しています。個人向けでは、住宅ローン、消費者ローン、保険、投信等の販売をひと通り経験し、法人には事業資金の貸出を行っておりました。現在は飲食店経営とコンサルティングで独立起業しております。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 原則無担保・保証人なしで最大1,000万円
  2. 申し込みから融資まで来店が原則不要
  3. 1万円から利用可能という手軽さ

申し込みから融資まで来店不要で最大1,000万円という融資枠

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
最大1,000万円
不要


ビジネスパートナー

東証一部上場・光通信のグループ会社による事業者ローン

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要


資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意


-不動産賃貸業/アパート・マンション経営

Copyright© 銀行融資&事業性資金ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】 , 2017 AllRights Reserved.