【 僕らの事業資金ラウンジ 】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の2017年最新情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で資金繰り

銀行融資&事業ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】

ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達

オリコのCREST for Biz(クレスト フォービズ)の審査と金利とビジネスサポートプラン

更新日:

クレスト・フォービズ商品スペック

オリコの個人事業主専用カードローンクレスト・フォービズの主な商品スペックは以下のようになっています。

個人事業主専用カードローン

オリコの事業資金融資にはクレスト・フォービズとビジネスサポートプランという2つのローンがあります。このうち、個人事業主専用のカードローンがクレスト・フォービズです。

クレスト・フォービズの申込資格は個人事業主であることだけで、オリコと初めて取引を行う人でも申込が可能です。個人事業主専用のカードローンであるため法人名義で借りることはできません。

総量規制対象外

クレスト・フォービズは個人事業主専用カードローンです。事業資金のローンですので年収の3分の1を超える借入を行うことができない総量規制の対象外です。

個人事業主は節税目的と、生活費を経費計上しているために年収を低く申告していることが大多数ですので、最もカードローン審査に通過しにくい属性です。

しかし、クレスト・フォービズは年収ではなく、事業の内容に対して融資金額を決めるため所得が低い個人事業主でもカードローン審査に通過できる可能性が高くなります。

融資金額300万円まで

クレスト・フォービズの融資限度額は300万円となっています。ノンバンクの事業者向けカードローンの融資限度額は300万円~500万円程度が相場です。

このため、クレスト・フォービズの融資限度額は平均的ですが少な目の金額であるといえます。

後述しますが、オリコにはビジネスサポートプランという大口融資に対応した商品があるため、カードローンは日常の経費やつなぎ資金専用のローンと位置づけ、多くの金額の融資は行っていません。

最高金利18.0%

オリコのクレスト・フォービズの最高金利は18.0%となっています。ノンバンクの事業性カードローンの最高金利は17.8%~18.0%が相場となっていますので、クレスト・フォービズの金利は平均的な金利であるといえます。

ただし、クレスト・フォービズの金利はカードローンの融資限度額によって区分されており、自分が借りる金額に対してどの金利帯が適用されるのかを事前に知ることができるという点が特徴の1つです。

金利の設定は以下のようになっています。
30万円:15.0%~18.0%
50万円:9.6%~18.0%
100万円:7.5%~15.0%
200万円~300万円:6.0%~15.0%

金利最大2.0%優遇

オリコのクレスト・フォービズの金利はノンバンクのカードローンの中では平均的であると説明しましたが、オリコはネット申込時に入会と借入を同時に申し込むと金利が最大で2.0%優遇されます。

通常は審査通過後にカードが到着するまでの間は借入ができませんが、入会と同時に借入を申し込むとカード到着前にお金が振り込まれます。この場合には最大2.0%の金利優遇が行われます。

18.0%の金利であった場合には2.0%優遇され16.0%に、6.0%の金利が適用された場合には1.5%優遇され4.5%の金利が適用されます。

ただし、この金利優遇は入会と同時に借り入れた分のみとなっており、そのあとの借入については通常の金利が適用となりますので注意して下さい。

消費者金融の最大30日無利息のように、初回借入限定のサービスとなっています。最初に必要な金額を全額借りてしまえば、実質金利は他のノンバンクの金利よりも低くなりお得です。

平日13時30分までに受付で即日振込

オリコクレスト・フォービズは入会後カードを使用してATMからいつでもキャッシングを行うことも可能です。また、振込によるキャッシングを受けることも可能です。

振込によるキャッシングの場合には平日の13時30分までに借入の受付を完了させればその日うちに必要資金が口座へ振り込まれます。月末の業務や資金繰りの忙しいときでも、会社にいながら必要資金を調達することが可能です。

13時30分を過ぎた場合や休日の受付は翌営業日の振込となります。

事業資金限定

クレスト・フォービズは個人事業主が事業資金だけに利用できるカードです。個人事業主専用のカードローンの中には、事業資金にも消費資金にも利用できるというカードローンも存在しますが、クレスト・フォービズは事業資金のみの利用となっています。

とはいえ生活費と経費が一体化している個人事業主は何に使用しても実質的には事業資金です。使いすぎには十分注意が必要です。

審査には若干時間がかかる

クレスト・フォービズは他のノンバンクのカードローンのようには簡単には申し込むことができません。

ネットで申し込みを行うと審査が行われ、審査通過後にオリコから郵送されてくる書類に記入必要書類とともに返送し、書類に問題がなければカード送付という流れになります。

手続きに郵送が伴ってしまうためどうしても審査完了に時間がかかってしまいます。ただ、前述したようにカード到着前に振込でも融資受けることもできます。

 

クレスト・フォービズ審査内容

クレスト・フォービズの審査内容のポイントは以下の3つです。

事業内容についても他のノンバンクよりは審査を行う

ノンバンクの個人事業主専用カードローンの申込に必要な書類は①本人確認書類と②収入証明書の2点が必要になることがほとんどですが、オリコのクレスト・フォービズはそのほかに「事業状況のご確認」書面または借入計画書が必要になります。

この書類は事業の業況や、資金計画などを記入するもので、オリコは他社と比べて事業内容についてもしっかりと審査を行っていることがわかります。

収支と資金計画について前期と今期の比較を行う

「事業業況のご確認」書類では事業の現状と見通しと資金計画の予定を記入します。前期の売上・売上原価・経費を記入し、今期が前期に比べて減少予定か増加予定かの見通しを示します。

資金計画の予定では資産の購入売却、金融機関からの借入と返済の予定が今期と来期に予定されているかを申告します。

事業の現状と見通しでは、前期に比べて今期はどのような見通しをもっているかの収支予測を審査しています。当然ながら、業況が上向く見通しのほうが審査にはプラスです。

資金計画では、資産の売却によって現金が増えるか、銀行からの借入によって現金が増えるか否かを申告します。現金が増加する計画のほうが審査にはプラスとなります。また、ノンバンクであるオリコでは銀行からの借入は必ずしもマイナスになりません。

むしろ、銀行からしっかりとした資金調達計画があって、その融資が下りてくるまでのつなぎ資金としてクレスト・フォービズを利用したいというストーリーのほうが審査側の目線としては合理的です。

借入計画書

「事業業況のご確認」に代わる書類として「借入計画書」という書類を提出することができます。

借入計画書では、収支の見通しを前期・当期・来期の3期分記入します。また、資金計画の見通しもこちらの書類のほうがより精緻な内容となっており、資金繰り表に近い形となっています。

元銀行員の立場からするとこちらの書類のほうがより審査参考書類として活用できるという印象だそうです。

自社のことをもっと知ってもらいたい、より精緻に審査を行ってほしいという人は借入計画書を利用したほうがよいかもしれません。

クレスト・フォービズの申込に必要な書類は以下の3点です

①本人確認書類
②収入証明書(確定申告書または青色申告決算書もしくは収支内訳書)
③「事業状況のご確認」書面または借入計画書

 

ビジネスサポートプラン

オリコにはより高額融資に対応したビジネスサポートプランという商品も存在します。
ビジネスサポートプランの主な特徴は以下の通りです。

オリコ加盟店・オリコクレット利用の事業者専用ローン

ビジネスサポートプランはだれでも申し込めるわけではなく、オリコと加盟店契約を結んでいる事業者か、オリコクレジットを利用している事業者しか申し込むことができません。会員限定の融資プランとなっているため注意が必要です。

選べる証書貸付タイプとクレジットライン設定タイプ

ビジネスサポートプランは証書貸付とクレジットライン設定タイプの2つの融資方式を選択することができます。

①証書貸付タイプ

証書貸付タイプとは必要資金の融資を一括で受けて、その後は毎月返済を行っていく、通常の借入です。

②クレジットライン設定タイプ

クレジットライン設定タイプとは、あらかじめ融資限度額を設定しておき、その範囲内で適宜必要資金の借入を行うという融資方式です。

カードの発行はありませんがカードローンのように限度額の範囲内で必要な時に必要なだけ利用することができます。銀行でいうところの極度内貸越契約というものです。

証書貸付限度額1,000万円まで

証書貸付タイプの融資限度額は1,000万円までとなっています。ノンバンクの融資の中で1,000万円までの融資対応というのは金額的には高額融資まで対応しているといってよいでしょう。

毎月の運転資金が大きな中規模企業や、設備投資などにも利用することが可能です。

クレジットライン設定タイプ500万円まで

クレジットライン設定タイプの融資限度額は500万円までで、100・150・200・300・400・500万円の各コースから限度額を設定することが可能です。

クレスト・フォービズの300万円では足りないという事業者もクレジットライン設定タイプであれば500万円までの利用が可能です。

ビジネスサポートプランはオリコの加盟店やクレジット審査を通過しているオリコにとって一定の信用のある事業者専用のローンですので、オリコにとってはリスクが低いため高額融資にも対応しています。

最高金利15.0%

ビジネスサポートプランの最高金利は15.0%となっています。他のノンバンクと比べてもクレスト・フォービズと比べても金利的にはメリットがある融資となっています。

この点も加盟店とオリコクレジット利用者限定であるビジネスサポートプランならではの金利優遇であるといえます。

審査には若干の時間を要する

ビジネスサポートプランの審査手続きは若干煩雑ですので融資までには時間が必要になると考えておきましょう。

申込の流れは以下の通りです。
①インターネットから資料請求
②郵送される申込書に記入
③申込書と必要書類を返送
④審査
⑤融資実行

申込には必ず郵送での提出が必要となりますので審査に若干時間がかかるようです。

とは言え、銀行融資では1週間から1か月程度の時間を要してしまうため、銀行と比べれば早いといえます。

 

ビジネスサポートプランの審査

ビジネスサポートプランの審査の特徴としては以下の4点を挙げることができます。
なお、個人事業主の必要書類はクエスト・フォービズと変わらないため、法人審査の特徴をメインに説明します。

ビジネスサポートプランを法人が申し込む場合に必要な書類は以下の通りです。
決算書直近2期分
商業登記謄本
資金繰り表または事業計画書等
印鑑証明書

開業後1年以上

ビジネスサポートプランは法人も個人も開業後1年は経過し、決算書や確定申告書がある状態でないと利用することは不可能です。

開業前もしくは開業後1年未満の事業者が利用する開業資金としての利用はできません。ビジネスサポートプランは事業実績をメインに審査を行うローンであるといえます。

債務超過不可

ビジネスサポートプランの最も大きな特徴が債務超過の事業者は融資を受けることができないという点です。

ノンバンクの事業性融資を利用する事業者は銀行から融資を受けることができない場合が多いため、ノンバンクの中には「債務超過でも審査対象」と大きく謳っている業者がほとんどです。

ノンバンクは事業に将来性が見こめなくても、返済の見通しが立たなくても、資産や保証人の価値によっては融資を行う場合が珍しくありません。つまり、倒産するリスクも織り込み済みで融資を行う業者が多いのですが、ビジネスサポートプランはそのようなリスクのある先には融資を行いません。

ビジネスサポートプランは加盟店またはオリコクレジット利用者限定のローンです。オリコにとっても大事な加盟店が倒産したら困ります。

このためあくまでも事業の継続性の見通しと、回収可能性がある事業者に対してのみ融資を行うローンとなっています。

3年分の収支計画を審査

法人がビジネスサポートプランを申し込む場合には3年分の収支計画書を提出しなければなりません。3年後の会社の業況がどうなっているか、売上、売上原価、経費等を詳細に記入して提出します。

融資を行ったことによって今後事業が発展する見込みがあるかどうかが重要です。融資を行ってもただの延命措置となる場合には審査に通過できないこともあります。

資金繰り表の提出でキャッシュフローを審査

過去3か月分、今後3か月分の資金繰り表の提出も求められる場合もあります。

手形や売掛金などの売上債権の決済がどうなるか、資産の売却や借入金の増加や返済などによってキャッシュフローはどうなるか詳細に記入を行い、ここで、返済財源が見込めない場合には融資を断わられる場合もあります。

銀行並みの細かい資金繰り表の様式となっていますので、オリコがキャッシュフローについても厳格に審査を行っているという実態がよくわかります。

 

オリコは急ぎの入用には不向きかも

オリコの事業者ローンは急ぎでお金が必要な事業者に以下の理由で不向きとなっています。

契約手続きが郵送のため時間がかかる

クレスト・フォービズもビジネスサポートプランも申込や契約手続きで必ず郵送が伴います。どのローンでもそうですが、WEB上で契約手続きが完結できないローンは契約までに郵送のやりとりでどうしても1週間程度の時間が余計にかかってしまいます。

今日明日での融資は期待できないため、オリコの事業者ローンはどうしても急ぎでお金が必要なローンとしてはそれほど活用できません。

他のノンバンクよりも審査が厳しい

オリコの事業者ローンの審査の特徴は以下の4点を挙げることができ、この特徴は他のノンバンクにはない特徴で、むしろ銀行ローンによくみられる特徴です。
①開業後1年未満は融資不可
②債務超過融資不可
③翌年以降の事業計画の提出が必要
④資金繰り表の提出が必要

オリコでは以上の観点から審査を行います。他のノンバンクのように「倒産した場合の回収可能性」という観点では審査を行わないため、銀行で融資を断られた事業者はオリコでも断られる可能性もあります。
とはいえ、銀行よりも審査が早いため、銀行融資と他のノンバンクの融資との中間点的な位置づけで利用することができるでしょう。

 

設備投資やつなぎ資金に最適

オリコの事業者ローンは設備資金や確定している銀行融資が出るまでのつなぎ資金として活用できます。

銀行で設備資金の審査を受ける場合には、審査には非常に長い時間がかかります。案件によっては1か月以上の時間がかかるのが当然ですが、オリコはさすがにそこまでの時間は必要ないため、急いで設備資金が必要な時に活用できます。

また、銀行融資が下りてくるまでのつなぎ資金としての利用もできます。事業計画書には銀行融資の予定を記入できますので、その金額と申込金額があっていれば、申込内容に合理性が認められ審査に通過できる可能性もあります。

投稿者プロフィール

黒餅(こくもち)
黒餅(こくもち)
当ブログ管理人。WEBを中心としたスモールビジネスを運営。自分が自営業→法人化を経る中で、銀行融資や資金繰りについて学んだことを残しておきつつ、商売・ビジネスシーンの変化なども捉えられたらと思っています。不動産賃貸業も検討中。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 原則無担保・保証人なしで最大1,000万円
  2. 申し込みから融資まで来店が原則不要
  3. 1万円から利用可能という手軽さ

申し込みから融資まで来店不要で最大1,000万円という融資枠

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
最大1,000万円
不要


ビジネスパートナー

東証一部上場・光通信のグループ会社による事業者ローン

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要


資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意


-ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達

Copyright© 銀行融資&事業ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】 , 2017 AllRights Reserved.