【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

利益が少ない場合の資金繰り対策。アウトソーシングやリースの活用、保険の切り替え節約など

投稿日:

人件費の削減で資金繰り対策

事業を運営するにあたって個人で事業をしているうちは自分の力だけでどうにか運用することができますが、次第に収益が増えて支出が増えてくると自分だけの力では事業運営に限界が来るようになります。

このタイミングから従業員やスタッフを雇い入れるようになりますが、人を雇うということは給料を支払うだけでなく働く時間によっては保険や年金などのお世話もしなければなりません。

しかし、従業員やスタッフの力を借りることによってさらに事業を拡大して会社を大きくすることができることを考えると、会社の成長のためには必要なことであるとも言えますが、人件費は会社のコストの中でも多くを占める部分なのできちんと管理をしないと資金繰りを悪化させてしまう原因になります。

ただし、無闇に従業員の給料を下げることや解雇をすることは従業員や他の従業員の士気を下げてしまうことになり、それによって仕事の効率がさらに悪くなるなどのデメリットもあるので、削減するよりも従業員に上手く動いてもらう仕組みを作るなどして給料以上の仕事をしてもらうことを軸に考えた方が賢明です。

給料や人を削ることができないと資金繰り悪化の根本的な解決には繋がりませんが、長期的な視点で見ると従業員やスタッフの士気を高めることは会社にとってのメリットです。

資金繰りの悪化は設備の見直しや借金の見直しなどによって改善することができる場合もあるので他の検討を視野に入れることも大切です。

 

アウトソーシングの活用

事業を運営する上で資金の運用は非常に大切な要素になりますが、事業を運営することによって利益を得て、そこにかかった余分なコストや税金を利益から支払うことで運営を持続させていきます。

事業運営の中でコストがかかりやすいのが人件費ですが、特に正社員を雇う場合は固定コストが必要になるので、仕事がある時なら問題ないものの、仕事が無い時などは余計にコストだけがかかってしまう状態になります。

また、コストの拡大は資金繰りの悪化にも繋がる問題にも発展しますが、少しでもコストを削減したいのであればアウトソーシングを活用するのも方法としてあり、多くの会社が取り入れている方法として知られています。

アウトソーシングはいわゆる外注と呼ばれるものですが、自社で行っている事業の一部を他の業者に委託することで、固定費用ではなく変動費用に移行することができるので、これによってムダな人件費を抑えることに繋がり、事業の効率化を図ることができます。

結果として資金繰りの悪化を抑制することができるというものですが、あれもこれも手を出して利益を追求するという形を取るよりは自分の会社だけにしかできない強みとなる部分を見出すことがこれからの社会を生き抜いていくためには必要です。

そのためにも経営資源を一点集中させる必要性が出てきますが、アウトソーシングを上手に利用することによって資金繰りの悪化を回避してさらには事業の効率化を図ることができます。

 

リースの活用で資金繰り対策

最近はさまざまな物をリースという形で導入することができるようになっていますが、リースとはいわゆるレンタルのことであり、例えばエアコンをリースするという場合はエアコンを買い上げて会社に設置するのではなく、エアコンの所有はリース会社のままにした状態で自社に設置してもらって、いくらかの使用料金をリース会社に支払うという形です。

自己所有ではないので自社の所有物という扱いにはなりませんが、そのためリースをしている期間については全ての費用を経費として扱うことができるため、節税対策としてメリットがあり、それに伴って支払う現金も少なくなるので結果として資金繰り悪化の対策になるというものです。

また、リースにかかってくる固定資産税に対しても自己保有ではないので支払う必要がなく、費用的な面だけでなく手続きなども不要になるので、そこにかかる余計なコストも発生しないので総合的に考えてメリットがあると言えるでしょう。

リースは一定額を毎月支払う形となっているので、設備投資に必要となる費用の管理が面倒ではないメリットもあり、コスト管理や把握などが購入して自社保有にするよりも分かりやすくなります。

資金繰り対策にはさまざまな方法がありますが、いかに現金を増やすかがポイントになっており資金繰りを悪化させないためにも日頃からきちんと資金管理をすることが大切で、リースを利用する場合もその点に注意して導入を検討することが大切です。

 

税金を節約する

資金繰りが悪化してしまわないためにも日頃から会社の資金の流れを把握しておく必要がありますが、会社の規模が小さい間であれば経営者だけでも十分に把握できるくらいであるものの、会社の規模が大きくなってくると経営者だけではすべてのお金の流れを細かく把握するのは難しくなります。

そのため、コンサルタントや経理、税理士などに頼って資金繰りなどの管理をしてもらうところも多いと思いますが、自分でも最低限のお金の流れや仕組みを知っておくことは大切で、急に資金繰りが厳しくなったと言われて慌てふためいていては本末転倒です。

また、資金繰りが悪化しないためのコツにはいろいろありますが、その中でも有効的な方法として知られているのが税金対策で、税金を節約することができたらそれだけ余分な費用は不要になるため、結果として資金繰りが悪化することを防ぐことができます。

節税の方法にはいろいろあるので、税の専門家に依頼する方が話しはスムーズに進みますが、税金の中でも特に高い割合となっているのが法人税と呼ばれる税金で、基本税率は約25%になっていて、さらに年収が800万円以下だと税率は20%になります。

そのため、年収が800万円ギリギリにある場合は事業の調整をして売り上げを少し減らす方が節税にはメリットになります。

ただし、あまりにも露骨な節税をしている場合は法律に違反している場合は調査が入ってしまう可能性もあるので、法を守った上での節税をしなければなりません。

 

保険の切り替えで節約

最近はさまざまな保険サービスが提供されるようになっており、個人レベルではもちろんのことですが、企業レベルにおいても保険への加入が推奨されている背景があり、上手に保険に加入することによって資金繰りが悪化した場合も乗り越えることができる場合があります。

事業を運営していく中で売り上げが減少してしまうことはありますが、売り上げが少なくなってしまった場合に収入の回復の見込みがない場合は経営の見直しや利益がより出せるように努力をしなければならず、利益が無く支出だけが増える状況になると手元に現金が無くなり、資金繰りの悪化から経営困難に陥ってしまう可能性があります。

資金繰りが悪化してしまうのを防ぐための方法に保険への加入がありますが、その中でも生命保険に加入するというのは有効な手段の方法となっており、死亡保障を段階的に増やすことによって支払った保険の一部を後から現金として受け取ることができます。

ただし、保険を支払った年については必ず節税をすることができるくらいの利益が期待できることが条件となっており、利益が思ったよりも出ないと資金が減少しまい資金繰りを悪化させてしまう原因を作ることになるので注意が必要です。

資金繰りが悪化して手元にキャッシュが無くなるような状態になると事業としては生命線を絶たれたような状態になってしまうので、日頃からきちんと資金管理をして資金が無くなる度にきちんと対応して備えることが大切です。

 

損益分岐点の引き下げ

売り上げと支出のバランスが均衡している状態が損益分岐点と呼ばれますが、損益分岐点を売上高が上回っているような場合だと利益が生じて、売上高が下回っているような場合だと損失が生じるので、経営者はいかに損益分岐点より売上を増やすかがポイントになります。

しかし、損益分岐点が高い状態になっているといくら頑張って売上を伸ばしても純利益はそこまで期待できませんが、損益分岐点を下げることによって少ない収入でも利益を生み出すことができるようになるので、資金繰りの悪化を改善するためにはまず損益分岐点の見直しから行うのがポイントです。

損益分岐点を引き下げる上で最初に検討するのが固定費用を削減するという点で、変動費用については努力によって引き下げることができるものの、固定費用については直接的に削減しないといつまでも余分なコストがかかっているので固定費用の削減が資金繰り改善には優先となります。

固定費用で高い割合を占めるのは人件費ですが、正社員を減らしてパートを増やすなども固定費用の削減には有効的な方法となり、他にも定期的に発生しているコストを見直して削減することによって損益分岐点を引き下げることができます。

資金繰りが悪化する原因にはいろいろありますが、きちんと資金管理ができてないことによって起こる場合も多いので、どのように資金が流れているかを把握して収支のバランスを考えて損益分岐点の引き下げを図ることが大切です。

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

-資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

Copyright© 事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年 , 2017 AllRights Reserved.