【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

資金繰りが悪化する要因。余分な在庫、過剰な設備投資、急な売上増加や返済金額増加など

投稿日:

利益が低下して資金繰りが悪化

会社を運営するにあたって資金は必要不可欠になりますが、事業にお金を投資してそこで生まれる利益を再び事業に補填することを繰り返すことで、少しずつ事業の流れを円滑化することができます。

また、利益だけを求めるのではなく必ず支出についても考える必要がありますが、支出があってこその収入であるということを忘れてはならず、これは資金繰りを考える上でも重要なポイントになります。

どのようなケースで資金繰りが悪化してしまうかということを事業運営する上では知っておかないといけないポイントですが、眼に見て分かりやすいのは事業をすることによって得ることができる利益が減ってしまうケースで、利益が低下することによって収支のバランスが崩れて支出が上回ると結果として資金繰りが悪化することに起因します。

利益が低下するのは致し方ない部分ではありますが、それが一時的なものであれば後から改善してどうにか取り戻すという方法はあるものの、慢性化して常に赤字の状態になっていると自転車操業状態になります。

そうなってしまうといくら仕事をしても利益が増えない状態になるので、仕事の業務そのものを見直す必要性が出てきます。

一時的に利益が低下してしまうようなこともあるかもしれませんが、そのような場合に対処できるようにキャッシュはできるだけ手元に置いておくことが重要で、いざとなった時に現金が手元にないと支払いに追われて困ってしまう場合があります。

 

不景気の煽りで資金繰りが悪化

景気に左右されやすいのが会社の事業ですが、景気が良い時はいくらでもお金が入ってくるような状態で、紙幣が紙のように感じるくらいお金の価値が下がってしまいますが、反対に景気が減速して不景気な状態になると利益は少なくない、事業における血流である資金が不足してしまうことになります。

よく、不景気になって資金繰りが悪化してしまい会社が倒産するという話しを聞きますが、不景気という状態は会社の存続を揺るがすほどの大きな問題であり、景気が後退することによって状況が悪化してしまうことが考えられます。

また、不景気と言ってもさまざまなレベルがありますが、世界規模で景気が悪化するようなケースもあれば、国単位で景気が悪化するケース、または地方限定で景気が減速する場合など規模によって不景気の程度は異なっています。

不景気になって利益が落ちてきた場合は利益を求めることを考えるよりも支出をいかに減らすかということにシフトする方が賢明であり、まずは支出を減らして赤字を最低限に抑えてそこから打開策を検討していくのがベストな方法です。

資金繰りが悪化する要因にはいろいろありますが、手元にキャッシュがない場合は急に出費が必要になった場合の対応も厳しくなると思うので、できるだけ手元に最低限のお金は残すようにして備えておく必要があります。

また、景気の動向には敏感になることも大切で如何に景気の動向を読むことができるかがポイントになります。

 

余分な在庫の増加

事業にはさまざまな形態がありますが、中には在庫をたくさん抱える必要があるような職種もあるので、この場合は在庫管理をきちんと行うことが何よりも重要なポイントになってきます。

在庫があるということはそれだけ資金を費やしてきたということでもありますが、その在庫が倉庫で眠っている状態にあると資金に流動性が無くなっていることでもあり、さらには金利が発生していることにもなるので会社としてはできるだけ在庫は抱えないようにしたいものです。

また、在庫の種類にもよりますが、在庫を管理するために必要な場所の費用や管理をするために必要な人件費なども別でかかってくることになり、在庫を抱えている状態は何も発生しているのではなく損失を生んでいる環境を作っていることを意識しなければなりません。

資金繰りが悪化する要因の中に余分な在庫が増加してしまうケースがありますが、できるだけ在庫を抱えてしまわないように在庫管理をする必要があり、在庫が増えてしまう要因で多い需要予測の見極めについても不安があるならプロに依頼して動向を調査してもらうのも方法です。

資金繰りが悪化してしまうことを考えると在庫管理への多少の投資は致し方ないとも言えますが、他にも利益が減ることによって資金繰りが悪化するなど様々な要因によって資金の流れは悪くなってしまいます。

そうならないためにも日頃からきちんと資金管理をして備えることが会社運営において重要なポイントになると言えるでしょう。

 

過剰な設備投資

事業の内容によっては機械や設備などが多く必要になる場合もありますが、機械や設備などは事業の効率化を図ってくれるだけでなく、仕事の内容によっては機械や設備が無いと事業を運営することができないという仕事もあるかもしれません。

設備投資をするということはそれだけ費用が別で必要になるということでもありますが、会社にとって必要な設備であるなら投資をしてしっかりと事業運営に貢献してもらわなければなりません。

ただし、不要に設備投資をしていると資金繰りが悪化してしまう場合もあるので正しく資金管理をした上で設備に対してどれくらいの資金を投資するか考える必要があり、設備の種類によって耐用年数は違ってくる点にも気を付けなければなりません。

資金繰りが悪化するケースとして多いのは設備投資を他行の金融機関から借りたお金を使用する場合で、特に耐用年数が借りたお金を返済する期間よりも短い場合は設備が壊れて次の設備を導入しないといけない時にも借金が残った状態になっていて、さらに借金を重ねてしまうことになります。

資金繰りが悪化してしまうのを防ぐためにも設備にどれくらいの投資をするかだけでなく、投資した設備がどれくらいの期間使用することができるかということも計算して導入や投資を考える必要があります。

最悪なケースになると利益が出ても返済に充てることになり、一円も手元にお金が残らないような状態になってしまう可能性があるので注意する必要があります。

 

 借入返済額が増加する

事業を運営する上で金融機関からお金を借りて、そのお金を事業の運用費用に充てることは多いと思いますが、個人が借金をする場合と同じく安定した利益がないと金利が低い銀行ではお金を貸してくれないので、事業を始めてから期間が短いところだと低金利での借り入れが厳しいケースがあります。

そのような場合に高金利の金融機関からお金を借りるケースもあるかもしれませんが、金利が高いところでお金を借りると返済にかかる負担が大きくなってしまうので、お金を借りるなら最初に金利が低いところを検討すべきですが、特に借り入れる期間が長期になるような場合は金利の低さが重要になります。

ちなみに資金繰りが悪化してしまうケースに借り入れ金額の増加がありますが、借金が増えるということはそれだけ返済しないといけないお金が増えることでもあり、事業によって得た利益の一部を返済に充てないといけないのでより手元に残るお金は少なくなります。

中小企業のほとんどは赤字経営だと言われていますが、それでも運営が成り立っているのは資金繰りを上手にしているからで、資金繰りが悪化してしまうと会社の存続は厳しくなります。

また、資金繰りが悪化してしまうケースにはいろいろありますが、直接的に利益が減ってしまうことによって悪化してしまうケースもあれば、設備投資に失敗して悪化することもあるので、日頃からきちんと資金管理を備えてお金の流れをチェックすることが重要になります。

 

売上が増加して資金繰りが悪化するケース

事業を運営する上で資金の管理や運用は非常に大切なポイントですが、会社は存続するために商品を売却したりサービスを提供したりして利益を得ており、その利益から必要な経費を支払って再び事業を行うことを繰り返すことによって会社の存続に繋げています。

そのため、利益追求を目的として事業を行っているところが大半だと思いますが、当然ながら売り上げが増えるということはそれだけ資金が手元に入ることでもあるので、経営という視点から見た場合に資金繰りは良くなるイメージがあります。

しかし、実際のところは売上が増えてしまうことによってかえって資金繰りが悪化してしまうケースも少なくなく、利益を追求して事業を行っている会社からすると本末転倒とも言えますが、資金繰りが悪化する要因となるのは掛売りの場合で現金による収入の場合だと資金繰りはそこまで悪くなりません。

掛売りだと運転資金が別途で必要になり、売上のために使用した材料などを再び仕入れることになると余計にコストがかかってしまい、さらに人件費もそれだけ必要とするため得た収入が手元に入る前に損失が増大してしまうことが首を絞めることに繋がっています。

売り上げを本格的に増やそうと考えている場合は一時的な損失をサポートすることができる資金を用意しておく必要があり、せっかく利益があっても黒字倒産という最悪な状態になることもあるので十分に注意して資産管理しましょう。

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

-資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

Copyright© 事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年 , 2017 AllRights Reserved.