【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

資金繰りに有効な手段。ファクタリング、意識改革、管理の徹底、専門家に相談など

投稿日:2016年10月1日 更新日:

ファクタリングで資金繰り

事業を行う上で大抵の会社や企業は物やサービスを違う企業に販売した際に、その場でお金を貰うのではなく後からお金を貰うようにしていると思いますが、個人の取引であれば引き換えにお金を払うのが一般的となっているため、こういった仕組みは不思議に感じるかもしれません。

しかし、会社や企業と言うのは個人レベルで比べた場合に信頼できるので、こうした仕組みも実現可能になるというものですが、こうした回収できてないお金のことを売掛金と呼んでいて売掛金が増えすぎることによって資金繰りが悪化することもあります。

そんな資金繰りの悪化をファンタリングによって改善することができる場合がありますが、この仕組みは売掛金を第三者の会社に買い取りしてもらうという仕組みで、すぐに買い取りしてもらうことができるので金融機関からお金を借りるほど資金が少なくなっている状態でもキャッシュを手に入れることができます。

資金繰りに効果的なファンタリングは借金ではないので利用しても返す必要がありませんが、最近はファンタリングに対応する会社も増えているので、自分が気に入るところを選択してサービスを受けることも可能になります。

ただし、サービスを受けようとする場合は手数料の支払いが必要となるため、本来売掛金として戻ってくるはずだった金額よりも手元に入ってくるお金は少なくなりますが、さらに債権譲渡のため顧客に対して承諾をする必要があるケースもあるので注意する必要があります。

ファクタリング事業資金調達術のメリット・デメリット

 

役員の意識改革

会社を存続していく中で必要不可欠になるのが資金で、通常は事業を行うことによって収益を得て、そこで得たお金を使って再び事業を行うというサイクルによって事業は成り立っていますが、利益をどんどん増やしていくことによって事業の拡大化を図ることもできます。

会社の規模が大きくなると経営者でも管理ができないくらい資金の流れが複雑なものになりますが、事業における血液でもある資金の流れが滞ってしまうことは会社の存続に関わる大きな問題にもなります。

資金繰りはどこの会社でも課題になることですが、資金繰りが悪化してしまうことによって事業の存続が危ぶまれてしまうことを考えると日頃から資金管理をきちんと行うことが重要なポイントになります。

また、資金繰りが困難になった場合は役員の意識改革をすることも大切なことで、役員は会社を存続させないといけない義務があるので、端的な話しになると自分の財産を売り払ってでも現金を作り出すことが必要になります。

役員は会社に対して足りなくなった分のお金を貸しつけることや増資を行う際には役員に出資させるなどのことも必要になります。

また、売掛金がたくさん発生していて資金繰りが悪くなっている場合は所有している売掛金の回収を精力的に行って現金化することも必要です。

それ以外にもファクタリングを利用することによって早期に売掛金を現金化することが可能になるのでファクタリングを有効活用するようにしましょう。

管理の徹底化を図る

資金繰りが悪化しないためにも資金管理を徹底化することが重要な課題になりますが、不景気になって純利益が落ちてしまうことによって資金繰りが悪化することもあれば、設備投資にお金をかけすぎることによって資金が枯渇してしまうこともあります。

一言に資金繰りの悪化と言ってもその原因はさまざまとなっていますが、売掛金を回収してないことによって現金が無くなることもあり、単に収入が増えれば資金が増えるわけではない複雑な側面もあるので対策には十分に気を付ける必要があります。

会社の規模が個人事業の規模くらいであれば経営者一人でも十分にお金の流れを把握することはできると思いますが、これが大きな会社になってくると経営者だけの力ではすべてを管理することが難しくなります。

そのため、管理に対して別にコストをかける必要が出てきますが、このようなシーンでかかる出費に対して出し惜しみをしていると最終的に自分の首を絞めることになるので、必要な出費は出し惜しまないようにすることが大切です。

また、損益分岐点の設定を見直すことも資金繰り対策において重要なポイントになってきますが、損益分岐点が高くなれば高くなるほど収入が増えても純利益が増えない負の相関になります。

そのため、固定費用や変動費用などの見直しをして業務最適化を図り、なおかつ資金管理を徹底化させて効率よく資金を事業の流れに乗せて、より会社が発展するようにお金の流れをスムーズにさせましょう。

 

専門家に資金繰りの相談をする

会社を存続させるためには会社で利益を得る必要がありますが、その利益を得る方法として物やサービスを提供してその代価としてお金を貰うという方法がメインになり、物やサービスを提供するためにかかるコストについては得た利益を運用することによって資金に流動性をもたせることになります。

また、資金繰りを悪化させないように資金管理をすることも重要になりますが、単に収入が減ったという理由やコストが余計にかかったという理由だけでなく、買掛金や売掛金などの関係から資金繰りが悪化してしまう場合もあり、特に売掛金については収入が増えるほど会社の経営を圧迫させてしまう負の相関に陥ることがあります。

会社の規模が小さいほど資金繰りや資金管理は容易で、会社の規模が大きくなるほど資金の管理は非常に難しいものになってしまいますが、自分ではどうにも解決することができない場合は専門家に頼って資産管理のアドバイスを受けるのも方法としてあります。

資産管理の相談をすることができる専門家はさまざまで、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士、弁護士や税理士などお金や中小企業に関わり資格を所有している人や在籍している会社で相談することができます。

また、相談については有料のところばかりだけでなく無料で相談を受けることができるところも多くあるので、まずは専門家に無料相談をしてからその後の対応を考えていくようにするのがポイントになります。

 

公共機関に資金繰りの相談をする

資金繰りに困った場合に自分で解決方法を見出すのも良いですが、仕事が忙しくて資金管理にまで手が回らないような場合は公共機関に相談してみるのも方法の一つで、相談してアドバイスを受けることによって問題の打開策が見えてくるかもしれません。

基本的に資金繰りが厳しくなった場合の相談先になるのは市区町村や都道府県、商工会議所になりますが、他にも政府系の金融機関でも対応しているところがあるので、事前に情報を集めておいて相談しやすいところを選ぶとよいでしょう。

市町村だと自治体の範囲内での産業振興を促すことや活性化を図るための管轄をしているところがあるのでそこが相談の窓口になると思いますが、融資制度を設けているところも多いので活用することによって一時的な資金繰り悪化には対応することができると思います。

また、都道府県についても市町村と同じように産業の振興を図るために設置されている部署があると思いますが、経営についての相談になると専門家よりも知識や経験的な物が十分ではない場合があるので満足のいくアドバイスを受けることができないかもしれません。

商工会議所については経営の相談をすることができますが、他にも国や県、市町村が用意している融資制度を紹介してもらうこともできるので、どういったサービスがあるかということを知ることができます。

また、各地域の中小企業診断士のグループが相談会を実地している場合もあるので積極的に参加しましょう。

 

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

-資金調達・資金繰り/運転資金つなぎ資金

Copyright© 事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年 , 2017 AllRights Reserved.