【 僕らの事業資金ラウンジ 】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の2017年最新情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で資金繰り

銀行融資&事業性資金ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】

「銀行の事業ローンと事業性資金融資の借入」 一覧

no image

金融仲介機能のベンチマークとは?銀行融資が変わった!金融庁の方針が2015年~2016年に大きく変更

2015年7月に金融庁長官が森信親長官へと変わりました。 これ以降、銀行の現場では激震が走っているといっても過言ではないほど、大きな返済が起きています。 金融庁長官変更に伴い、銀行の監督官庁である金融 ...

no image

金融庁の方針転換を理解するために知っておきたいバブル期からの不良債権処理と信用保証優先の弊害

不良債権処理からの脱却、銀行本来の役割へ バブル崩壊によって山一証券、日債銀、北海道拓殖銀行といった金融機関の相次ぐ倒産によって、1990年代に金融業界は金融不安に突入しました。 従来、金融機関等の行 ...

no image

事業性評価融資とは?事業性評価に言及した金融モニタリング基本方針とは?

平成26年(2014年)9月、金融庁は「金融モニタリング基本方針」の中で「事業性評価」という指針を示しました。 事業性評価という指針によって、金融庁が銀行に対して従来の融資スタンスの変更を求めた形にな ...

no image

銀行員が明かす!あなたの会社の企業格付けを上げて銀行融資を獲得する方法

企業が銀行から事業性の融資を受けると、銀行はその企業に対して、融資がある間はずっと企業の財務内相な業況について審査を行います。 企業が貸倒引当金を積むための債務者区分を審査するのが自己査定、一方、企業 ...

no image

銀行融資の格付けに重要な定量評価を決定する11の要素(用語解説)

定量評価を決定する11の要素 銀行融資の企業格付における定量評価は、安全性、収益性、成長性、債務返済能力の視点から評価を行いますが、それぞれの視点を構成する指標は以下の11の要素です。 流動比率 流動 ...

no image

銀行員が明かす銀行の企業格付けと債務者区分と融資&金融検査マニュアルとは?

銀行の審査や企業の評価か金融庁の検査マニュアルである金融検査マニュアルというマニュアルに基づいて行われます。 簡単に言えば、定期的に訪れる金融庁の検査において、金融庁の検査官から怒られないように、日常 ...

no image

下請けの資金繰りと銀行融資/親会社との取引で注意したい点など

日本国内の大多数の中小企業が大企業の下請企業であるといわれています。 下請企業の多くが親会社との取引によって経営が左右されますし、下請企業の中には親会社の無理難題を泣く泣く受け入れているという現状もあ ...

no image

中小企業経営者の個人保証はハズせない?融資の経営者保証に関するガイドラインとは?

中小企業がお金を借りる際には、日本では、会社の代表者が保証人となることが一般的です。これを個人保証などと呼ぶことがあります。 中小企業経営者になぜ個人保証(連帯保証)が銀行から要求されるのか? 会社で ...

no image

手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越の違いは?銀行融資・資金繰りに有利な方法を考察

銀行が取り扱う融資の方式には様々な方法があります。代表的なものとしては手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越といったものがあります。 手形割引とは?簡単にわかりやすく 手形割引という貸付方法のポイント ...

no image

法人融資の借入一本化の方法!交渉の仕方や金利・必要書類など 銀行側はどう考える?

借入は借入本数が多ければ多いほど毎月の返済負担が大きくなっていくものです。これは個人でも法人でも変わりません。 個人であればカードローンやフリーローンなどで一本化を行うことができますし、借り換え専用ロ ...

Copyright© 銀行融資&事業性資金ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】 , 2017 AllRights Reserved.