【 僕らの事業資金ラウンジ 】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の2017年最新情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で資金繰り

銀行融資&事業性ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】

「 投稿者アーカイブ:元銀行マン・敏腕さん 」 一覧

no image

地方銀行の事業融資・資金繰り12事例!創業 第2創業・経営支援関係・特例的な運転資金融資

創業・第2創業の事例 計画性のない独立後、創業資金融資によって半年分の運転資金を融資したケース 年商2,000万円、従業員2名 建設会社に勤務していた従業員が、社長と仲たがいして何も計画性なく貯金なし ...

no image

銀行のアパートローンと不動産投資・収益物件購入融資の審査基礎知識

昨今は、空前の不動産投資ブームとなっています。 不動産投資を検討している方も、自分はお金を借りることはできるのだろうか?と疑問に思っている人も少なくないようです。 そこで今回は、不動産投資資金はどのよ ...

no image

危機対応融資とは?商工中金の不正融資問題と中小企業の融資借入

2016年に商工中金が取引先の財務内容を改ざんするなどをして、不正融資を行っていたことが2017年になって発覚しています。 本来、融資対象とならない企業の財務内容を改ざんするなどして無理やり融資を行っ ...

no image

商工中金とは?成り立ちと存在意義から読める融資・審査の傾向

そもそも商工中金とはどのような金融機関なのでしょうか? 商工中金とは? 成り立ち 商工中金とは、正式名称は株式会社商工組合中央金庫と呼びます。 政府と中小企業団体が共同出資するという形での国内唯一の政 ...

no image

2016年に不動産融資がバブル期越え!不動産投資ブームと銀行融資の加熱はいつまで続く?

  昨今不動産投資が過熱しています。テレビのCMでも「区分所有」とか「土地がなくてもオーナーに」などのキャッチコピーを目にすることが多いのではないでしょうか? その一方、不動産投資の危険性や ...

no image

では、不動産投資によって相続対策ができるというのはどのようなことなのでしょうか?

では、不動産投資によって相続対策ができるというのはどのようなことなのでしょうか? 例えば、預金や有価証券を保有していた場合には、100%が相続対象となります。 自家用の土地の場合には、路線価という値段 ...

no image

金融仲介機能のベンチマークとは?銀行融資が変わった!金融庁の方針が2015年~2016年に大きく変更

2015年7月に金融庁長官が森信親長官へと変わりました。 これ以降、銀行の現場では激震が走っているといっても過言ではないほど、大きな返済が起きています。 金融庁長官変更に伴い、銀行の監督官庁である金融 ...

no image

金融庁の方針転換を理解するために知っておきたいバブル期からの不良債権処理と信用保証優先の弊害

不良債権処理からの脱却、銀行本来の役割へ バブル崩壊によって山一証券、日債銀、北海道拓殖銀行といった金融機関の相次ぐ倒産によって、1990年代に金融業界は金融不安に突入しました。 従来、金融機関等の行 ...

no image

2017年の銀行カードローン過剰融資問題と自主規制の流れ/まとめ保存版

銀行のカードローンが審査や広告に対して自主規制を強化する流れになっています。 2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随するようになってい ...

no image

融資を引き出せる資金繰り表の作り方!苦しい資金繰りの改善に銀行視点で良いテンプレート

手元に現金が潤沢にある企業は、資金繰りをそれほど気にする必要はありません。 会計は発生主義ですので、現金であろうが売掛金であろうと、ものを販売したら売上となります。また、現金で仕入れようと買掛金によっ ...

Copyright© 銀行融資&事業性ローンで資金繰り【 僕らの事業資金ラウンジ 】 , 2017 AllRights Reserved.